ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本映画批評家大賞新人女優賞! 最注目女優・南沙良インタビュー「昔の女性にあこがれがあります」

<平成で最も売れている時代小説シリーズ>として累計2,000万部を突破する同名原作を、日本を代表する豪華俳優陣とスタッフで完全映画化した映画『居眠り磐音』が公開中だ。優しく穏やかだが、実は剣の達人である主人公・磐音役を日本映画界を代表する俳優・松坂桃李が務め、時代劇初主演にして優しさの中に秘めたる強さ、愛する人を想う気持ちを見事に体現。現代の日本では珍しい真の男の姿を問い、感動を呼び起こしている。

その磐音の妹・坂崎伊代役を、6月11日に17歳になったばかりの注目女優・南沙良が好演。昨年、映画初主演作の『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で吃音症の女子高生役を見事に演じ上げ、今年5月の「第28回 日本映画批評家大賞」では新人女優賞を獲得。いま、もっとも活躍に期待が集まっている実力派だ。その南に初挑戦となった時代劇について聞いた。

●完成した映画を観て、いかがでしたか?

たくさん感動したところがあるのですが、特に最後で泣いちゃって泣いちゃって……本当に感動しました。どうしてこれほどまでに切ないのだろうって、いい意味ですごく引きずりました。

●時代劇は初挑戦でしたね。

そうですね。最初に脚本をいただいた時も、これってどういう風に完成するのだろうって、すごくドキドキしました。初めての時代劇だったので、まったく想像がつかなかったですね。

●時代劇へのあこがれはあったのですよね?

昔の女性にすごくあこがれを持っていて、カッコいいなと思っていたので、出演が決まった時はうれしかったです。撮影現場では生活風景などに合わせた所作指導もあり、それがすごく難しかったです。ゆっくり動いたり、ご飯を食べる所作などが難しかったです。たくさん練習して頑張りました。

●今回は主演の松坂桃李さんの妹役ということで、お話をする時間などありましたか?

あまり時間がなかったんです。なかなかお話をする機会もなかったのですが、すごく暖かい方でした。松坂さんのお芝居は本当にすごいなあと心の底から思いましたし、あこがれもします。わたしにも兄がいるので、妹役は普段の自分をイメージしながら演じました。

●今回の映画、どのようにお勧めしますか?

映画を観て人と人との心の繋がりを感じました。そして今の時代、簡単に情報を共有することはあるけれど、その時代、その瞬間にしかない感動もたくさんありました。それがいいことか悪いことかはともかく、そういう瞬間がたくさんあって、それを知って自分の中で感動していました。だから、普段時代劇に触れてない人にも観てほしい作品になったと思います。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき