ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

iPad Proユーザーは要チェック! 水深2メートルまで防水のケースがCatalystから

夏本番を前に海へ山へと出かける機会が増えてきているだろう。そうしたお出かけに必ず愛用のiPad Proを持参する、という人は要チェックのアイテムが米アクセサリーメーカーCatalystから発表された。

新型iPad Pro向けの防水・耐衝撃ケースだ。IP68をクリアしていて水深2メートルまでなら水に浸けても大丈夫という。

・タッチ操作はそのまま

プールサイドや海辺で寝転がりながらiPad Proで電子書籍を読んだり音楽を聴いたり、といったときにこのケースつけていれば安心感が得られる。

デザインそのものは何の変哲もないが、スクリーンも背面もプロテクターで覆われていて、もちろん充電ポート部分にもカバーがある。水を完全にシャットアウトする構造で、かつスクリーンのタッチ操作はそのままだ。

・ゴム素材で滑りにくく

実際にはレジャーの時だけでなく、飲み物をこぼしたり、埃っぽいところに置いたりといった日常シーンでも活躍する。

また、衝撃から守ってくれるのも心強い。iPadはスマホなどに比べて大きいぶん持ちにくく、うっかり落としてしまうこともありがち。しかし、このケースをつけていれば高さ1.2メートルのところからの落下からも保護するとのこと。またケース背面はゴム素材が使用されていて滑りにくいという。

ケースは11インチ用が149.99ドル(約1万6000円)、12.9インチ用が169.99ドル(約1万8000円)。すでにサイトでプレオーダーの受付が始まっている。7月に出荷されるとのことで、本格的なアウトドアシーズンに間に合いそうだ。

Catalyst

(文・Mizoguchi)

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき