ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AIの力でパフォーマンスを向上! 泳ぎを分析するウェアラブル「Triton 2」

水泳に真剣に取り組んでいる人の役に立ちそうな小型ウェアラブルガジェットが開発された。カナダのスタートアップTritonWearが手がけた「Triton 2」だ。

スイムキャップの中に入れて泳ぐと、スイマーの動きをモニターし、それらをもとに人工知能(AI)がどうすればパフォーマンスを向上させられるかを分析する。

・センサー精度も向上

Triton 2は1をバージョンアップしたもの。60%小さく、そして重さは70%軽くなり、スイムキャップに楽に入れられるサイズとなった。

また小型化を図ると同時にセンサーの精度も向上させた。これにより、スイマーの泳ぎを細部までとらえることができ、そうした情報は連携するモバイルアプリに送信され、専用アルゴリズムで分析される。

・ストローク効率も分析

Triton 2では、タイムやターンの回数、距離などはもちろん、ターンにかかった時間、ストロークの回数・効率、スピードなどもとらえる。

そうしたデータを、Triton 2のクラウドにある他のスイマーのデータと比較して、どこが弱点なのかといったことを示してくれる。つまり、ユーザーはどの部分を改善すればパフォーマンスを向上させられるかがわかるわけだ。

もちろん、データは保存できるので、トレーニングが効果を上げているか確認もできる。

Triton 2は現在プレオーダーをサイトで受け付けていて、価格は本体の利用が年間149ドル(約1万6000円)、そして分析アドオンが年間39ドル(約4200円)となっている。9月にも発送が始まる見込みだ。

TritonWear

(文・Mizoguchi)

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき