ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

水と音と光のシャワーを全身で浴びまくる!! 本場タイの『S2Oフェスティバル』参加レポート 日本でも7月13~15日に開催!

タイでは4月13日から15日が旧正月で、“ソンクラーン”と呼ばれています。元来ソンクラーンでは人々が仏像のお清めを行っていたのですが、それがどういうわけか徐々に水を掛け合うイベントへと発展。現在では“水掛け祭り”として知られ、街中で人々が音楽を流し、誰彼構わず水鉄砲などで水を掛け合う無礼講なイベントとなっているのです。

そんなソンクラーンの水掛け祭りに便乗し、2015年からタイ国内で『S2O SONGKRAN MUSIC FESTIVAL』(以下、S2Oフェスティバル)なる音楽フェスティバルがスタート。毎年ソンクラーンの期間に合わせて開催され、大音量でEDMを流しながら観客に向けて大量の水を放出するという、アジア最大級の水と音楽のフェスティバルとして音楽ファンの間で知られているのです。

この『S2Oフェスティバル』は2018年夏には日本に初上陸を果たし、今年も7月13~15日に千葉県・海浜幕張公園にて開催が決定! その興奮をいち早く体験するべく、今年も4月13日~15日に開催された本場タイの『S2Oフェスティバル』に参加してきました。現地の熱狂の様子をレポートします!

本場・タイの『S2Oフェスティバル』参加レポート

バンコクに作られた『S2Oフェスティバル』の会場(Live Park)にやって来ましたが、4月のバンコクはなんと夕方でも気温が連日30度を超える蒸し暑さ。一刻も早く頭から水をかぶりたい気分になります。まさにソンクラーン日和ですな!

僕自身も濡れる準備は万端で、下には水着を履き、靴ではなく公式グッズのビーチサンダルを履いて会場入り。ビーチサンダルで音楽フェスティバルに行くなんて普通では考えられませんが、逆にS2Oでは靴で参加するなんて考えられないほどずぶ濡れになるそうです。

そして「さあ会場に入るぞ!」と意気込んで入場ゲートに向かって歩いていたのですが、いきなりスタッフに囲まれてしまいました。なんだなんだ……?

何を言っているのかわからないので、とりあえず「イエスイエス」と答えていたら、訳も分からぬうちに水風船を持たされてしまいました。どうやら頭上で水風船を割った瞬間の写真を撮影してくれるサービスのよう。会場入りする前からずぶ濡れになることが確定しました。さすが水掛け祭りです。

スタッフのカウントダウンに合わせて頭上で水風船を握りつぶすと服は早くもビチョビチョに。「まあ中でどうせ濡れることになるし……」と自分に言い聞かせながら、会場の中へと足を進めていきます。

想像以上の放水量にビビる!! 水が飛んでこないセーフティーエリアでまったり堪能……

ステージまでの道には写真映えしそうな撮影スポットやオブジェがたくさんあったので、よさげな場所を見つけるたびに写真をパシャリ。アラフォーのおじさんもついついはしゃいでしまいました。

きっとモデルが若い男女だったらいい感じに映えていたことでしょう……。

そんな感じで楽しみつつ歩き続けていると、いよいよステージが見えてきました!

えっ……ソンクラーンは水鉄砲を使った水掛け祭りって聞いてたけど、この放水量はもはや消防車レベルなんですけど……!!

実際によく見るとスタッフは消防車のホースのようなものを持って客席に向けて放水してるじゃないですか。こんなのを浴びに行くなんて狂気の沙汰だぞ……!

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき