ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

この世の終わりみたいなスーパーセルが出現 ゴルフボール大の雹も降る

中から巨大UFOとか三つ首怪獣が現れそうな、世紀末感のある巨大な雲。雲の中では絶えず放電が発生していてゴロゴロという雷鳴も聞こえてくる。

この投稿をInstagramで見る Tornado Warning last night in Northern CA! #tornado #lightning #clouds #northerncalifornia #crazyweather #wizardofoz #lakecalifornia #countrylife #twister #unreal Melissa Janickiさん(@melissa.janicki)がシェアした投稿 – 2019年 5月月25日午前8時35分PDT

こちらは先週金曜日の午後に北カリフォルニアで発生したスーパーセル(巨大積乱雲)。これからの季節によく見られる入道雲の親分みたいなやつだけど、もう名前からして強そう。いろんな物を吸収して完全体になっちゃったような響きだし。この日、北カリフォルニアには猛烈な雷雨警報が発令され、ゴルフボール大の雹も降ったそうだ。


https://twitter.com/NashWX/status/1132710257187332096


https://twitter.com/WeatherNation/status/1132357732919414785


https://twitter.com/StormchaserUKEU/status/1132365580252700672
このあたり一帯では24日から25日にかけて複数のスーパーセルが観測された模様。激しく渦を巻きながら発達していく時短動画は美しくも恐ろしい。こんなのを生で見たら思わず「龍の巣だぁ……」とつぶやいてしまいそう。

最大で高度1万6000メートルにまで発達するスーパーセルの内部では、エベレスト山の25倍もの空気が渦を巻き、地球上で最も速い風の生まれる場所となる。この雲の下ではしばしば竜巻が発生し、グレープフルーツ大の降雹を伴うことも。北アメリカの平原地帯が本場だけど、日本でも近年、スーパーセルと呼ぶべき巨大積乱雲と竜巻による被害が増えてきているのが気になるね。

画像とソース引用:『Facebook』及び『Twitter』より

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき