ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 本日5月7日まで! 『niconico』で映画『闇金ウシジマくん』が25円で視聴可能!
  • 楽屋の外にはネオナチ 目の前には死体―― パンクバンドが命がけの大脱出『グリーン・ルーム』予告編
  • 【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/9/16号:『劇場版ほんとうにあった怖い話2017』
  • 20世紀FOX、6本の謎めいたマーベル作品の公開日を設定
  • 【動画】映画『ピッチ・パーフェクト 3(原題)』の初トレーラー、3部作の終焉を一部紹介
  • “ゾンビ男子”に萌え! うっかり全米初登場No.1を記録のゾンビ・ラブコメ『ウォーム・ボディーズ』予告編解禁
  • 『喰女-クイメ-』で肉食系女子を熱演! 中西美帆インタビュー「何が怖いって人間が一番怖い」[ホラー通信]
  • 【今週公開のコワイ映画】2017/6/10号:社会病質者VS連続殺人鬼『アイム・ノット・シリアルキラー』
  • 【フワッフワ】ホラー映画『青鬼 ver2.0』 新キャラクター“フワッティー”がブルンッと襲いかかる映像解禁
  • ドラマ『ルームロンダリング』11月スタート! 池田エライザと松原タニシ(事故物件住みます芸人)がオカルトーク
  • にゃんこ7匹が登壇!映画『ねことじいちゃん』初日舞台挨拶「岩合監督は猫のことばっかり」とキャスト明かす
  • 「押しつぶされそうな“パパ”の気持ちを代弁しているスリラーなんだ」 『ノック・ノック』イーライ・ロス インタビュー[ホラー通信]
  • 衝撃の実話を映画化した『NY心霊捜査官』キャスト・監督の意味深発言に注目[ホラー通信]
  • 『闇金ウシジマくん』実写化を実現した山口監督「ナニワ金融道の時代の方がまだマシだったと思える」
  • ふわっふわな『名探偵ピカチュウ』がぬいぐるみ化! 赤いほっぺまでふわふわな等身大ピカチュウさんを相棒にできる!
  • 『ブラックパンサー』の激熱アクションシーンは釜山ロケ!:写真レポート

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

「心ある相撲ファンの方」にトランプ大統領にブーイングするよう祈る? 江川紹子さんのツイートが物議

5月25日、アメリカのトランプ大統領が令和初の国賓として来日した。
26日は安倍晋三総理とゴルフを行い、大相撲の千秋楽を観戦する予定と報じられている。


トランプ大統領の大相撲観戦についてはさまざまな意見が出ているようだが、26日にジャーナリストの江川紹子さんは『Twitter』にて毎日新聞のトランプ大統領訪日記事ツイートを引用し

明日の国技館、せめて心ある相撲ファンの方による、短くていいから、力強い「Boo!」の一声が出るように祈りたい。

とツイートを行った。これに対し、
「品が無いですね...」
「国賓に対する無礼は国際信義に反しますが、それを煽られる訳ですか?」
「道、剣道、茶道、書道、相撲道 客がブーイングする習慣はありません」
「何故優勝力士への賞品プレゼンターにブーイングしないといけないんですか?」
等、批判の声が多数寄せられる。また、
「心ある相撲ファンほどブーイングはしないと思う」
「心ある相撲ファンはそんな事はしないと思いますよ」
と、江川さんの言うところの「心ある相撲ファン」について異論を唱える人もいたようだ。
中には、

ここは粋に「いよ!大統領!!」と願いたいところですね。
なかなか(というか、生きている間は)ありませんよ、こんな機会

という返信もあり、多くの「いいね!」を集めていたようである。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき