ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

建物や生き物をリアルに体験できるAR地球儀「Shifu Orboot」

米国のスタンフォード大学とインド工科大学の卒業生がARの機能を利用した地球「Shifu Orboot」を開発。タブレットやスマートフォンをかざすことで動物や植物などの画像を楽しむことができるスマート地球儀だ。

・3Dで学べる新感覚の地球儀

AR(拡張現実)技術を用いた「Shifu Orboot」は世界各国の特徴や文化が立体表示される仕組みの地球儀。ゲーム感覚で楽しみながら地理を学習することができる。

スマートフォンやタブレットをかざすと世界中の文化的な建造物や現地の郷土料理、有名な動物等数多くの情報が3Dで表示され、子供も大人もゲームのように楽しみながら学習できる点が特徴。遊びながら学ぶことで、子どもたちは好奇心をもって積極的に学ぶことが期待できるという。

・英語の勉強にも役立てられる機能

英語での音声ガイダンスも兼ね備えているので英語を勉強中の人にもおすすめ。

世界の国々の文化、動物、建造物、料理など計8個のカテゴリーの解説の吹き替えや歴史の物語を聴きながら学習することができる。子どもはもちろんのこと、大人の語学学習の一環としても役立てられるはず。

子どもだけでなく大人も十分に楽しめるクオリティ。ギフトとしても喜ばれそうなプロダクトだろう。

Shifu Orboot

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき