ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

『キン肉マン』の「ジェロニモ現象」は作画ミスじゃなかった!?  36年越しに判明

1979年の連載開始から40周年を迎え、世代を超えて愛されている人気漫画『キン肉マン』

その長年の謎……あるいは単なる“作画ミス”とされてきたあの現象に、なんと公式からのアンサーが。ゆでたまご先生監修のもと5月23日(木)に発売となった『学研の図鑑 キン肉マン「超人」』にて、「ジェロニモ現象」の真相が明かされました

「ジェロニモ現象」とは

ファンが「ジェロニモ現象」と呼ぶ有名な謎シーンは、1982年から1983年にかけて掲載された「黄金のマスク編」で、人間だった頃のジェロニモが悪魔超人の首領・悪魔将軍に挑んだ場面で起こった怪現象。

リング上で悪魔将軍にスピン・ダブルアームをかけられ絶体絶命のピンチに陥るジェロニモの姿を、なぜかリング下でジェロニモ本人が眺めている――その整合性がぶっ飛んだコマを見て、誰もが頭に「?」を浮かべたことでしょう。

この「ジェロニモ現象」はコミックス初版でも修正されることはなく、ドッペルゲンガー説や双子説が騒がれる事態に至りました。

その真相は……

『週刊少年ジャンプ』で「ジェロニモ現象」が初出した1983年から実に36年の時を経て、ついに納得の(?)理由が判明。

約700の超人たちをハイクオリティーなビジュアルと初出し情報で紹介する『学研の図鑑 キン肉マン「超人」』によると、「ジェロニモは悪魔将軍のスピン・ダブルアームのあまりの勢いに幽体離脱をして、至近距離から自分の戦いを見ることとなった」と説明されているのです。ん~、こじつけっぽい!(笑)

SNS上でも「そうきたかー」「長年のモヤモヤが晴れましたね」「説明の意味はよくわからんが、とにかくすごい理由だ!」「そういうことならしょうがない(棒」などと反響を呼んでいます。

キン肉マン40周年☓学研の図鑑50周年が究極のタッグ! 超人約700体を生き物として分類・網羅した、誰も見たことのない超人図鑑が誕生!(学研プラス公式ブログ):
https://gkp-koushiki.gakken.jp/2019/03/04/7364/

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき