ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

内田樹さん「日本の作家は『幻冬舎とは仕事をしない』ということを宣言すべき 」ツイートに賛否

作家の津原泰水さんが、幻冬舎より刊行された百田尚樹さんの『日本国紀』を批判したため幻冬舎より文庫を出せなくなったとツイート。幻冬舎の見城徹社長はそれを否定し、津原さんの本の実売部数をツイートし反論した。本来非公表の実売部数をツイートしたことなどに対し、作家や編集者から批判が殺到、見城社長はツイートを削除し謝罪した。

参考記事:
幻冬舎・見城徹社長が『日本国紀』批判の作者の非公表実売部数をツイートし大炎上 後に削除し謝罪
https://getnews.jp/archives/2155759[リンク]

現在は削除されている見城社長のツイートについて、作家の高橋源一郎さんは

見城さん、出版社のトップとして、これはないよ。本が売れなかったら「あなたの本は売れないからうちでは扱わない」と当人にいえばいいだけ。それで文句をいう著者はいない。でも「個人情報」を晒して「この人の本は売れませんよ」と触れ回るなんて作家に最低限のリスペクトがあるとできないはずだが。

と苦言を呈す。多くのリツイートや「いいね!」を集め反響を呼んでいた。
文学者の内田樹さんは、その高橋さんのツイートを引用し

やはりここまで来たら日本の作家は「幻冬舎とは仕事をしない」ということを宣言すべきだと思います。僕はもともと幻冬舎と仕事をする気がないし、先方も頼む気がないでしょうから「勝手なことをいうな」というお立場の作家もいるでしょうけれど、それでも。

とツイートし、こちらも反響を呼ぶ。

「読者も不買運動するべきだと思います たまに文庫買ったりしてました もう絶対この出版社の本の前では立ち止まらない」
「内田先生の読者の一人として、こんりんざい幻冬社の本は、買わないことを宣言します」
「さすが内田樹先生。作家さんで『幻冬舎とは仕事をしない』は言いたくともなかなか言い出せることではありません。しかし、誰かが言わねばならなかった言葉で、この口火を切れる人は、先生しかいないと思ってました。とても嬉しいです」

などの賛同するツイートが寄せられる一方で、反対するツイートも多数あり賛否両論となっていたようだ。

内田さんは、見城社長のツイート削除後に

見城さん、問題のツイート削除して、謝罪したようですね。過ちを改めむるに憚ること勿れ、経営者としては適切な判断だったと思います。でも、この発言で幻冬舎の経営理念ははっきりしたので、まともな作家たちはもう二度と相手にしないと思います。

ともツイートを行っている。

※画像は『Twitter』より

※『Twitter』の埋め込み機能を使用し表示しています。
ツイートが見れない方はコチラ
https://getnews.jp/archives/2156361[リンク]

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき