ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

"2045年、aiが神になった世界”を体験するフェス『KaMiNG SINGULARITY』開催に向けクラウドファンディングを開始

"2045年、aiが神になった世界”を体験するフェス『KaMiNG SINGULARITY』開催に向けクラウドファンディングを開始

パナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社の3社が共同で開設した「未来をつくる実験区100BANCH」で活動している『KaMiNG SINGULARITY』は“2045年、aiが神になった世界”という仮想の世界を想像し、創造する体験型のフェス開催に向けて活動している。

8月9日(金)に予定している本番では会場(渋谷ストリーム ホール)をLife Style(生活)、Faith(信仰)、Entertainment/Art(遊びと芸術)の3つの階層に区切り、AIと人間のコラボライヴやサイバー神社の建立、AIに仕事を奪われた時代の職業案内「2045年のハローワーク」、お酒を脱した人類の新たなパーティードリンク「エリクサーバー」、誰でも神様になれる神アート仮装「KESHIN」、誰とでも心象風景を共有できる「INside mINd」など、様々な企画が同時に展開していくという。

2045年もしaiが神のようになったら、その後の世界はどうなるのか。未来を想像し、体験するフェスの開催に向けてクラウドファンディングを開始した。

▼クラウドファンディングはこちら
https://camp-fire.jp/projects/149966/preview?token=tv0qxyw1

2045年「シンギュラリティ」と言われるものが訪れるという仮説がある。シンギュラリティとは、未来学者のレイ・カーツワイル氏らが提唱したもので「AIが人類の能力を超え、自らより高性能のAIを自ら創り出し始める」というような概念。
そして、シンギュラリティ以降の世界は人間には全く予想できないほど劇的な変化が訪れるとされている。
フェスティバル『KaMiNG SINGULARITY』では、そんな想像しきれない未来へ手を伸ばし、1日だけエンターテイメントとして仮想の世界を創造する。仮想とはいえ、実際に予測される1つの未来、どうなるかは誰にも分からない。  (内)

【構成】
ライブやアート展示など様々な企画が同時多発的に行われており、 飲んで踊って自由に楽しむことができます。
ポイントとなるのは2045年の世界を仮装すること。 会場に入ったらそこは「2045年、 aiが神になった世界」であると思考し、 観察し、 振る舞うことで、 世界(フェス)はそのように広がっていきます。
会場は4つのフロアからなる渋谷駅直結の渋谷ストリームホール。 4階は「Life Style(生活)」5階は「Faith(信仰)」6階は「Entertainment/Art(遊びと芸術)」 というテーマでそれぞれの世界観を表現していきます。

【コンテンツ】
<変わる音楽、変わらない音楽>
音楽業界はテクノロジーの影響を最も早く受けるとも言われていますが、 音楽、 ライブシーンは何が変わり何が変わらずにあるでしょうか。 ライブエリアではAIと人間が共奏する新たな音楽の形や、 100年前から変わらない原始的な人間回帰していくような解放する音楽や、 技術と身体性が融合されたパフォーマンスなど、 様々な側面のエンターテイメントを展開していきます。
出演 : DÉ DÉ MOUSE & Primula(dystopia set)・ AI TOMMY・SASUKE・人工知能ラッパー ピンちゃん ・Matsumoto Zoku ・Anti trench ・ドラムサークル(一期JAM)・工藤真工・YO.・アフロマンス・DJ SHINDY ・Ririko and more..

<サイバー神社、建立>
2045年のKaMiの社、 サイバー神社にお詣りができます。 この時代の神社にはどんな機能があるでしょう。

<aiと神にまつわるトークショー>
テクノロジーと宗教が交わる未来の考察、 人類のこれからとこれまでの話を大学教授や現役の僧侶など、 多様なゲストを迎え考えていきます。
登壇:・松本徹三 (『AIが神になる日-シンギュラリティーが人類を救う』著者)・谷崎テトラ (構成作家/京都造形大学客員教授)・東大史 (クラウドガバメントラボ代表)・河崎純真 (Commons組合管理組合、 宗教法人大宗寺住職)・七沢智樹(TransTech研究開発専業neten社R&D Director) etc..

その他のコンテンツ
・AIに仕事を奪われた時代の職業案内「2045年のハローワーク byTWDW」
・お酒を脱した人類の新たなパーティードリンク「エリクサーバー by TABEL&Heal the World」
・誰でも神様になれる神アート仮装「KESHIN by 澤奈緒」誰とでも心象風景を共有できる「INside mINd by心象派」 他

【概要】
日時 : 8月9日(金)14:00~21:00
場所 : 渋谷ストリーム ホール
アクセス : 東京都渋谷区渋谷3-21-3 渋谷駅[16b]出口直結
出演 : DÉ DÉ MOUSE & Primula(dystopia set) ・AI TOMMY・SASUKE・人工知能ラッパー ピンちゃん ・Matsumoto Zoku ・Anti trench ・ドラムサークル(一期JAM)・工藤真工・YO.・アフロマンス・DJ SHINDY ・Ririko and more..
主催 : KaMiNG SINGULARITY実行委員会/Ozone合同会社
シルバー協賛 : 株式会社ティファナ・ドットコム
特別協力 : 東京急行電鉄株式会社/McCann Millennials/株式会社MIKKE/neten株式会社
公式HP : https://www.kaming-singularity.com
クラウドファンディングはこちら : https://camp-fire.jp/projects/view/149966

・未来をつくる実験区「100BANCH」とは
「100年先の世界を豊かにするための実験区」というコンセプトのもとに、 これからの時代を担う若い世代とともに新しい価値の創造に取り組む活動です。 再開発の進む渋谷川沿いの倉庫を1棟リノベーションして作られた空間で、 1階はカフェ・カンパニーが企画・運営する未来に向け新たな食の体験を探求するカフェスペース「KITCHEN」、 2階は35歳未満の若いリーダーのプロジェクトを推進するアクセラレーションプログラム「GARAGE program」などがメインで行われるワークスペース「GARAGE」、 3階はパナソニックが次の100年を創り出すための未来創造拠点であり、 夜や休日にはワークショップやイベントが行われるコラボレーションスペース「LOFT」から構成されています。
ホームページ : http://100banch.com/

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき