ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ハッピーパウダーもちゃんと付いてる! 鍛金の巨匠が再現した「金のハッピーターン」が当たるぞぉー!

main_e-4

「魔法の粉」ことハッピーパウダーが中毒性高すぎなお菓子といえばハッピーターンだ。そのあまりのおいしさに食べる手が止まらず、ハッピーパウダーが付いた指までなめたくなるほど……お行儀が悪いとかいっていられない!

さて、亀田製菓が5月29日まで、超スペシャルなハッピーターンが当たるキャンペーンを実施しているようだ。なんと、製作時の時価50万円相当だという「金のハッピーターン」である!

・純金のハッピーターン!?
ハッピーターン公式Twitterを通じて誰でも参加できる「“金のハッピーターン” プレゼントキャンペーン」。ハッピーターンとハッピーパウダーを純金で再現した「金のハッピーターン」が抽選で1名に当たるというものだ。

・鍛金の第一人者が製作
「金のハッピーターン」を製作したのは、鍛金の第一人者・平澤正英氏。一枚の金板を匠の技で叩き、表面の凹凸なども忠実に再現しているという。「金のハッピーターン」の重さは約100gで、サイズは約70×25×10㎜。ハッピーパウダーは金粉で、重さ0.04g。オリジナルの桐箱入りで、最高に豪華なハッピーターンに仕上がっているようだ。

・Twitterで誰でも参加可能
参加方法は、まずハッピーターン公式 Twitter アカウント(@happyturnkameda)をフォロー。キャンペーン対象の「#日本で最もハッピーがツイているのは誰だ」が付いたツイートをリツイートするだけだ。なお、キャンペーンへの参加は一人1回のみとなる。

亀田製菓によると、ハッピーターンを頬張る瞬間と同様の高揚感を表現しようと辿り着いたキャンペーンとのことだ。一流の鍛金師が製作した「金のハッピーターン」が当たったら、それこそハッピーすぎるじゃないかっ!

執筆: コンビニxコンビニ

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき