ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

部屋の隅に置ける乾燥機!15分で除菌もしてくれる新型白物家電「Morus Zero」

衣類の急な洗濯。数時間後までにシャツの汚れを落とさないといけない、という事態にはどう対処すればいいのか。

確かに洗濯まではどうにかなるだろうが、乾燥にはかなりの時間がかかる。だが乾燥機は巨大な白物家電で、ひとり暮らしのアパートではそれを設置できないということがある。

だが、どんなに小さな部屋でも「Morus Zero」は置けるはずだ。この製品は、「部屋の隅に設置できる乾燥機」というコンセプトで開発された。

・少量の衣類を即座に乾燥!

Morus Zeroの本体重量は20kg。その小ささは、人と並んだ写真を見ても明らかだ。

本体が小さい分だけ、最大容量も決して大きくはない。1.5kg分の衣類に対応できるキャパシティーだが、乾燥にかかる時間は僅か15分。1世帯全員の服を乾かす目的ではなく、誰かひとりの服を即座に乾燥させる用途で設計されているのだ。

UV殺菌機能を搭載し、臭いの元となる細菌を除去。CES2019にも出展され、好評を得ている。

大型乾燥機にありがちな、大掛かりな設置工事も一切不要。衣類から除去した水分は、カートリッジ式のタンクに溜まるようになっている。メンテナンスは、定期的にその水分を抜けばいいだけである。

・今年末までに配送

Morus Zeroは現在、クラウドファンディング「Kickstarter」に出展されている。カラー毎に2種類の用意があるそうだ。

Kickstarterでの価格は、1台299ドル(約3万2800円)から。配送は12月を予定している。日本への配送は、先述の価格に200ドル(約2万2000円)が加算される。

Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。