ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5月病な気分を明るく吹き飛ばせ! ディズニーが贈る珠玉のミュージカル作品5選

製作55周年を迎えたディズニーの名作『メリー・ポピンズ』。その20年後を描いた続編で、美しい魔法と心躍る歌&ダンスによる極上のミュージカル『メリー・ポピンズ リターンズ』が6月5日(水)にMovieNEXで発売となります。長いゴールデンウィークも終わり、仕事に学校に、現実に戻るのがなかなか大変な方が多いのでは…?今回は、そんな憂鬱な気分を吹き飛ばすような、ディズニーのハッピーなミュージカル作品を一挙紹介!これを見て、少しずつ気分を上げていきましょう!

■メリー・ポピンズがディズニー史上最高のハッピーを届ける、極上のミュージカル!『メリー・ポピンズ リターンズ』(19)
前作『メリー・ポピンズ』でバンクス家の子供の教育係として、突然傘で空からフワフワと舞い降りてきた”メリー・ポピンズ”。エレガントだが、しつけに厳しく、ちょっと”上から目線”な魔法使いの彼女は、不思議な力でバンクス家や人々を幸せへと導いていくー。時は経ち、バンクス家の長男であり、今では自らの家族を持つ親となったマイケル・バンクスの家にメリー・ポピンズが再び舞い戻ります。
ミュージカル映画の金字塔を打ち立てた前作『メリー・ポピンズ』の公開から55年経って再び蘇ったメリー・ポピンズ役にはハリウッドを代表する女優エミリー・ブラントが抜擢。さらに人気ミュージカル「ハミルトン」で知られ、昨年ハリウッド殿堂入りを果たしたリン=マニュエル・ミランダなど超強力なキャストを迎え、”ロブ・マーシャルらしさ全開”で描かれた本作は、ディズニー史上最高のハッピーを届ける”極上のミュージカル”として、高評価を獲得!マーシャルによるブロードウェイ仕込みの歌とダンスが満載のミュージカルシーンは必見!

■『イントゥ・ザ・ウッズ』(14)
世界中で愛されるグリム童話を現代版にアレンジし、シンデレラ、ラプンツェルなど、願いを叶えたはずの”おとぎ話”の主人公たちのその後を描く大ヒットブロードウェイ・ミュージカルを映画化した本作。『メリー・ポピンズ リターンズ』でもタッグを組んだロブ・マーシャル&名女優エミリー・ブラント、そしてアカデミー賞(R)常連のメリル・ストリープや、ジョニー・デップ、クリス・パインなど超豪華実力派俳優陣の、見事な歌声を披露する姿にも注目!

■マレフィセントの娘など、ディズニーヴィランズの子供たちが実写で登場!「ディセンダント」シリーズ
『眠れる森の美女』のマレフィセントの娘マルや、『白雪姫』のイーヴィル・クイーンの娘イヴィなど、ディズニーヴィランズの子供たちを主人公に、「誰もが知っているディズニーの悪役たちに子供がいて、10代に成長していたら!?」という驚くべきアイデアから生まれた、ディズニー・チャンネルの「ディセンダント」シリーズ。監督は、あの『ハイスクール・ミュージカル』シリーズや「マイケル・ジャクソンTHIS IS IT」を手掛けた、幅広く活躍する世界屈指の名プロデューサー、ケニー・オルテガが務めています。一昨年放送された『ディセンダント2』に続き、今年の秋には『ディセンダント3』(仮題)の放送も控え、”ディセンダント熱”が上昇中!ぜひチェックしてみてくださいね!

■ディズニーがゾンビを描く!?『ゾンビーズ』
『ゾンビーズ』は、カラフルでポップな人間とゾンビの世界観を描く、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーが贈る、歌とダンス満載の青春ミュージカル。本作の見どころは、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーならではの、魅力的な歌とダンス!また、主人公の人間アディソンには実は周りに隠しているある秘密があるのですが、ゾンビのゼッドと知り合い、人と違うことは”個性”であると思うようになり、そんなアディソンが成長していく姿には誰もが共感できるのです。「いつだって、誰だって自分らしさを大事に生きていくことが大切」というメッセージは、明るくポジティブな気持ちにさせてくれますよ!

■『魔法にかけられて』 ディズニー伝統の”実写とアニメーションの融合”
ディズニーアニメションのプリンセスが実写の世界へ迷い込んだことで起こる大騒動を描いたファンタジック・コメディの『魔法にかけられて』。アニメーションの中の美しい王国アンダレーシアで暮らす心優しいジゼルは、夢にまで見たエドワード王子との結婚式の日、魔女に騙され、恐ろしい世界へと追放されます。たどり着いたのは、ロマンティックな”おとぎの国”とは正反対の”現代のニューヨーク”だった…。
既に多くがデジタルアニメーションとなる中、伝統的な手描きアニメーションの手法の復活などが話題になった本作。おとぎの国のシーンはアニメーション、ニューヨークでのシーンは実写で描くというユニークな設定にも注目してください!

ディズニーが贈る、ハッピーなミュージカル作品を見て、5月病を吹き飛ばしましょう!

6月5日(水)発売
『メリー・ポピンズ リターンズ MovieNEX』(4,200円+税)
『メリー・ポピンズ リターンズ 4K UHD MovieNEX』(6,000円+税)
『メリー・ポピンズ:2ムービー・コレクション(数量限定)』(8,000円+税)
同日デジタル配信開始
http://disney.jp/marypoppins-returns

『イントゥ・ザ・ウッズ』
6月5日(水)ブルーレイ(2,381円+税)新発売
MovieNEX(4,000円+税)、DVD(1,429円+税)発売中、デジタル配信中
https://www.disney.co.jp/movie/woods.html

『ディセンダント2』
DVD(3,200円+税)発売中、
デジタル配信中
http://www.disney.co.jp/studio/liveaction/1432.html

『ゾンビーズ』
DVD(3,200円+税)発売中、
デジタル配信中
https://www.disney.co.jp/studio/liveaction/1466.html

『魔法にかけられて』
デジタル配信中
ブルーレイ(2,381円+税)、DVD(1,800円+税)発売中
https://www.disney.co.jp/studio/liveaction/0833.html

(C)2019 Disney

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。