ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「雲を見て地震の影響を判断するのは不可能」 気象庁研究官が「地震雲」について『Twitter』で注意喚起

2019年5月10日に日向灘を震源とするM6.3の地震が発生し、宮崎県で震度5弱を観測しましたが、『雲を愛する技術』(光文社新書)などの著書がある気象庁気象研究所研究官の荒木健太郎氏(@arakencloud)が「雲は地震の前兆にはなりません」として『Twitter』で注意喚起しています。

大きな地震が起こる度に「地震雲」が不安という声を聞きますが,雲は地震の前兆にはなりません.巷で「地震雲」と呼ばれる雲は全て気象学で説明できる子たちで,雲の状態を見て地震の影響を判断するのは不可能です.雲は愛でつつ,地震には日頃から備えましょう.

荒木氏によると、「地震雲」と呼ばれている雲は「ほぼ飛行機雲か吊し雲や波状雲などの大気現象」で、「不思議な雲や空でも、気象学でほぼ説明できるので、楽しんだほうが得」「地震を不安に思ったら、しっかり備えましょう。地震はいつでも起こり得ます」と呼びかけています。

「雲や大気光学現象の仕組みを調べて愛でましょう」という荒木氏は、自ら『Twitter』のまとめを『Togetter』で更新しています。不思議な雲と出会った時は、撮影して『Twitter』で荒木氏の見解を訪ねてみるのもよいかもしれません。

地震雲を不安に思う方への雲研究者からのコメント(Togetter)
https://togetter.com/li/967077 [リンク]

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/arakencloud/status/1126688691835904003 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき