ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Apple Arcade は我々ゲーム開発者に何をもたらすのか?(実践ゲーム製作メモ帳2)

Apple Arcade は我々ゲーム開発者に何をもたらすのか?

今回はEIKI`さんのブログ『実践ゲーム製作メモ帳2』からご寄稿いただきました。

Apple Arcade は我々ゲーム開発者に何をもたらすのか?(実践ゲーム製作メモ帳2)

(c) Apple, Inc.

「Apple、Apple Arcadeを発表 – モバイル、デスクトップ、リビングで楽しめる世界初のゲームのサブスクリプションサービス」2019年3月25日『apple.com』
https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/03/apple-introduces-apple-arcade-the-worlds-first-game-subscription-service-for-mobile-desktop-and-the-living-room/

 Apple Arcade が話題だ。ユーザにとっては念願の遊び放題サービス、しかも従来の「散々遊びつくされた過去作が放流されるサブスクリプション」ではなく、完全新規・独占タイトルが多数用意されているのだから、コアなゲームユーザにとっては垂涎モノの新サービスと言うほかない。

 一方でぼくなどは天邪鬼なのでこうも歓迎ムードで迎えられると逆張りしたがる愚かな生き物であり、実際 Apple Arcade には Twitter で散発的に書いているように幾つかの重大な懸念点が存在する。大体の個人開発者は Apple の審査や規約周りにに苦汁を舐めさせられているので、皆いまいち信用できないんだろうなあという空気も節々から感じている。

 実際にどう運ぶかはリリースされ、一年ないし二年程度経たないと分からない部分も多いのだが、ゲーム開発者という視点からこの Apple Arcade が何をもたらすのか、メリットデメリットを並べてみたいとおもう。※1

Apple Arcade のメリット
 新たなマーケットが生む第三の販売形態
  旧来の販売形態とその欠点
  第三のマーケット、第三の販売形態
Apple の意志。良質な有料ゲームが再び復権するか?
Apple Arcade のデメリット
 プラットフォームが力を持ちすぎる。
 選ばれなかったゲームはどうなるのか?
 ゲームの価値は本当に維持されるのか?
 業界の外にゲームが広がっていくか?
まとめ

 

Apple Arcade のメリット

ゲーム機

 

新たなマーケットが生む第三の販売形態

 旧来の販売形態とその欠点

 全てのゲームは大別すると二つに分かれる。一つは買い切りの有料ゲーム、もう一つは基本ないし完全無料ゲームだ。それぞれがどういう形態の製品であるかは、既にみな理解して久しいだろう。

 商品があり、そこにお金を払う古来からの仕組みを持つ買い切りゲームに対し、無料ゲームは何の対価を払うこともなく始めることができ、またかなりの部分を無料で遊べるので、必然的にユーザ数が多くなる。ブラウザゲームから始まったこの潮流はいまやスマホゲームの大部分を占め、基本無料に広告と課金要素※2が付いたフリーミアムモデルのゲームが主流であるといえる。

マネタイズ

 しかし、このモデルには大きな欠点がある。マネタイズだ。広告や課金アイテムでガメつくマネタイズしなければフリーミアムモデルのゲームは売上を上げられず、この間サービス停止したテクテクテクテクのように、マネタイズが上手くいかなかったために打ち切らざるをえないゲームは多数存在する。

 この「マネタイズ」は、ゲームの形態を大きく制限する。例えば、育成ゲームや、オンライン要素のあるゲームは時短やスキンといった主要要素で違和感無く課金させることができる。デジタルカードゲームやソーシャルゲーム全般のように通常プレイと課金プレイで大きく差を設けてアイテムを購入させるものも多数存在する。一方で、一人用のアクションゲームやシューティングゲームのようなものだとどうにも相性が悪い。スキンを買う必要性は薄いし、頻繁な広告はプレイヤーを辟易とさせるのだ。

 フリーミアムモデルにおけるゲームの売上はゲームコンテンツそのものの持つ娯楽性や面白さとは関係なく※3、いかに金を払わせるか、いかに広告を見せるかというところに終始する。その極地がハイパーカジュアルゲームだ。勿論これを否定するわけではないが、マネタイズに縛られないゲームを作りたい開発者も居るだろう。しかし、買い切りの有料販売に切り替えた瞬間、DL数は格段に落ちる※4。これがゲーム業界における販売形態の現状だ。

第三のマーケット、第三の販売形態

 しかし、Apple Arcade の打ち出した方策はこのいずれにも当てはまらない。いわば、第三のマーケットである。Apple Arcade の全てのゲームは広告や課金アイテムがなく※5、ゲームコンテンツの中身は完全に買い切りゲームのそれである。それでいて、プレイヤー数は Apple Arcade の抱える何百、何千万というユーザがその候補となる。まさに良い所取りだ。Apple Arcade のプレイヤーはフリーミアムのゲームと同じような気軽さでゲームをDLし、その対価を漏れなく開発者に支払うのである。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。