ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『スター・ウォーズ』出演から最後のアクション映画まで……ベトナムの“戦う女優”が目指したものとは?『ハイ・フォン』監督インタビュー

“アクション”を武器に世界で活躍する女優は、何人存在するだろうか? ベトナムのゴー・タイン・バン(英名:ベロニカ・グゥ)は、2019年現在において、その答えとして挙げることのできる稀有な女優の一人だ。『グリーン・デスティニー』(00年)の続編にあたるNetflixオリジナル映画『ソード・オブ・デスティニー』(16年)でハリウッドデビューを果たし、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(17年)、Netflixの『ブライト』(18年)と、立て続けに大作に出演。そして、母国ベトナムで主演したアクションスリラー『ハイ・フォン:ママは元ギャング』(英題:Furie)が5月22日からNetflixにて配信される。

メコンデルタの田園地帯とサイゴンの都市部を舞台にした『ハイ・フォン』で、バンは幼い娘を児童売買組織に誘拐されて奔走するシングルマザー”ハイ・フォン”を熱演。自らすべてのアクションをこなし、ベトナムの総合武術”ボビナム”を全編にわたって披露している。また、本作はすでにベトナム、アメリカで封切られ、本国では18歳未満鑑賞禁止の制限を受けながらも、『キャプテン・マーベル』や『アベンジャーズ/エンドゲーム』を上回り、2019年の興行成績(5月3日現在/Box Office Mojo調べ)で2位につけるヒット作に。2週間の国内興収は1,350億VND(約6億6,000万円)に達し、アクション映画としてはベトナム史上最高の成績をおさめている。

2007年の『The Rebel 反逆者』以降、ベトナムで文字通り「唯一無二」の存在として君臨し続けてきたバンだが、自ら企画・製作も務めた『ハイ・フォン』を持って、アクション映画からは身を引くという。果たして、何を思いこのプロジェクトに臨んだのか? ガジェット通信は、3月に開催された第14回大阪アジアン映画祭で、監督のレ・ヴァン・キエ氏へのインタビューを敢行。『ハイ・フォン』誕生のきっかけや撮影の裏側、そして、女優・プロデューサー・監督としてベトナムのエンタテインメント業界で戦い続ける、バンの魅力について語ってもらった。

母国ベトナムのための“最後のアクション映画”

――この企画は、いつ頃からスタートしたのでしょう?

プロジェクト自体のはじまりは、ゴー・タイン・バンさんがNetflix『ブライト』(17年)に出演されていた頃です。彼女は当時、『ソード・オブ・デスティニー』(16年)や『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(17年)などハリウッドの作品でも活躍していましたが、LAでお会いした時には「年齢も考えるとアクションは次で最後にして、もっと大きな意味のある作品に取り組みたい」と、おっしゃっていました。 

――ハリウッドでの作品にあまり満足していなかったのでしょうか?

満足していなかった、とは思いませんが……それ以前に彼女はアメリカ人ではなく、ベトナムから来た女優ですから、「いずれは母国ベトナムの人たちに楽しんでもらえるような作品を、自分が中心になって作っていきたい」という想いを持っていたんです。『ハイ・フォン』に関しては、最後のアクションを全編自分自身でしっかりやりながら、演技者としての存在感もしっかりと出せる作品にしたかったそうです。特に「“母親”としての演技しっかりとやりたい」と希望されていました。

『ハイ・フォン:ママは元ギャング』海外版予告 FURIE (2019) Official Trailer(YouTube)
https://youtu.be/SXiWz0yLLdE

――アクション映画を撮られた経験がないにもかかわらず、なぜ監督を引き受けようと思われたのですか?

私にはアクション作品の経験はありませんでしたが、映画作りで最も重要なことは、ベースになるドラマがしっかりしていることだと思っています。主演のバンさんは素晴らしい女優さんですし、いいアクションチーム(※編註:『ゴースト・イン・ザ・シェル』のスタントマン=ヤニック・ベンがアクション監督)も抱えていたので、アクションについては心配することはありませんでした。ですから、私がやるべきことは、全体のストーリーを上手くまとめることだったんです。そういった意味で、十分にいい作品にする自信はありました。

――監督ご自身が重視されたのは何ですか?

やはり、脚本です。どんなドラマにするか? どんなアクションをどこに挿入するか? 例えば、クライマックスの電車のアクションはどこにするべきか? 田園地帯がどこにあるのか? 要素とディティールを、脚本の上で完璧に構成することを第一に考えました。そういったことを脚本にきちんと書き込んで骨格をハッキリさせておけば、アクションシーンだけが暴走することはありません。自分で言うのもなんですが、いい具合にバランスをとれたと思います(笑)。

PHIM HAY 2019 – BTS HAI PHƯỢNG | FRENCH ACTION TEAM(YouTube)
https://youtu.be/8YS9kWS6MmM

――映画の舞台がメコンデルタなのはなぜでしょう?

この映画を撮るにあたって、例えば香港映画のような、革ジャンにジーンズみたいなものではなく、ベトナムらしい服装を求めていました。なので、ベトナムの伝統的なアオババ(※編註:メコンデルタ地方の女性が着る伝統的な衣服)を着てもらう、というアイデアが最初にあったんです。そうするとハイ・フォンも、その服を着るにふさわしい役柄でないといけない。最初にアオババを着たバンさんのビジュアルを発表したときには、「どんな映画なんだろう?」と興味を持ってくれた方も多かったのですが、批判する方もいました。アオババを着てアクションすることに、無理があると思われたようです。ただ、話の流れを見てもらえれば、アオババを着たまま都市部に移動していく流れに納得してもらえると思います。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき