ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

意外と知らない!“自力引っ越し”のリスクと注意点!

引っ越しシーズンで引っ越し代金が高額すぎるとき、自分たちで荷造りから運搬までやってしまおうと考えがちです。

とんでもない金額を吹っかけられ、転居ができないという“引っ越し難民”が大発生している最近の日本。

進学や転勤で、どうしても引っ越しのタイミングをずらすことができない、という諸事情もあるでしょう。

そんな“自力での引っ越し”は果たして本当にお得なのでしょうか?

今回は、自力引っ越しのリスクと注意点について解説していきたいと思います!

自力引っ越しは本当に安上がりなのか?

自分で引っ越し準備をはじめると、ガムテープやダンボールなどの引っ越し資材の確保が意外に大変です。梱包作業も、食器の仕分けや大量の靴の整理など、すべて自分自身でやらなければいけません。

さらに友人のワゴンタイプの車を借りる軽トラックをレンタカーで借りるなど、結構面倒です。

レンタカー代に燃料費、自分の力だけでは運搬できない大きなドレッサーや食器棚を運ぶのにも、友人の助けが必要になって、謝礼も嵩みます。引っ越し前にちゃんと計算をしたうえで、本当に専門業者に依頼するよりも安く済むのかどうかを検討してください。

引っ越しルールが決まっている物件もある

最近のマンションでは、あらかじめ引っ越しルールが決まっている物件もあり、事前の条件確認が必要です。荷物の搬入口が決まっていたり、エレベーター利用や駐車スペースの利用などには管理人の許可が必要だったりすることもあります。

特に引っ越しシーズンであれば、日程が他の入居者と重なってしまい、エレベーターを利用した搬入の渋滞も起こりやすいです。そのため搬入口やエレベーター利用に制限がかかることもあります。

新築マンションの場合などでは、共用部分の床や壁などを傷つけないようにしっかりと養生することを管理会社から指示されることもあります。事前に連絡もせず、勝手に荷物の搬入をはじめてると最悪の場合、引っ越し作業を止められてしまうケースもあります。

さらに実家暮らしの自宅にありがちな家財によっては、気をつけなければならないこともあるようです。

搬入できない大型家具の分解には注意!

プロであれば、大型の家具でも搬入することがたやすいはずです。しかし、素人の自力引っ越しでは、家具を分解しないと、マンション入り口を通れないこともあります。

ここが注意するポイントなのですが、家具の材質や構造などによっては、一度分解すると再度組み立てることができない家具もあります。ゆるみやガタつきなどの不具合が出やすくなる可能性もあるので、気をつけたいところです。

当日になって「引っ越すことができない!」なんて事態に陥らないために、自力引っ越しをする場合は、前もって引っ越し車両の駐車スペースや搬入経路を確認して、荷物の運びこみに届出がいるのかどうかを管理会社へ確認することが大事です。

自力引っ越しにはこれだけのリスクがある!

自力引っ越しには、危険な落とし穴があります。

荷物を傷つけられたり、建物の共有部分を破損したりしてしまうことがあるということを知ってきましょう。

そのような状況になれば、あなたに責任がのしかかってきます。深刻なトラブルにもなりかねないのです。

引っ越し業者は、万が一のことがあってもいいように保険に加入しています。これは業者のみが入れる保険です。プロである彼らと素人とでは、ミスを犯す頻度に大きな違いがあります。その点でも、引っ越し業者に依頼しておくと安心なのです。

補償や保険のことをよく知らない人が多い

共用部分の窓ガラスに家具をぶつけてガラスを割ってしまった、というケースはかなり頻繁に起こるようです。もし自力で引っ越ししたときに割ってしまった場合は、入居者自身の個人負担になります。引っ越したてでお金がないときには、かなりの手痛い出費になってしまうのではないでしょうか。

賃貸物件を借りる契約時には、家財保険と火災保険などの名称で【借家人賠償責任保険】に入っていることがほとんどです。契約期間中であれば、その保険が適用されるのですが、仲介している管理会社が事前に入居者に鍵を渡すなどして、入居スタート前に自力引っ越しで、物件自体に傷をつけてしまうと全額自腹になります。

あなた自身の家財にもリスクが……

さらに、知っておいてほしいこととしては、引っ越す本人の家財にもリスクが伴うことです。冷蔵庫を自分の手で運んだら冷却用のガスが抜けて使用できなくなる、洗濯機の排水口の接続部を外す手順がわからずに部屋を水浸しにしてしまった、などは、管理会社の“ダメ入居者あるある”だといいます。

もっと言えば感電を防ぐアースの取り付けや取り外しは、引っ越し業者でも慎重になる仕事。専門の電気作業員を呼び、安全に取り外しを行ったり取りつけたりするケースがあるほどなので、素人にはかなり危険な作業だという意識を持っておいたほうがいいと思います。

自力引っ越しはアリか? ナシか? それは荷物の量によって違う

よほど荷物が少ない単身者に関しては、まったく問題ないと思います。しかし、大型の家具や家電がある引っ越しであれば、自力引っ越しはまずオススメしません。

人手不足の引っ越し業界では、料金が高騰しているといいます。さらに3月~5月はそもそも繁忙期。なんとかその繁忙期を避けて引っ越し業者に依頼するか、荷物を軽くして引っ越し先で家具や家電を買い足していくことが一番賢い方法だと思います。

いかがでしたか?
どうしても「自力で引っ越ししたい!」という人は入念な計画を立てるようにしてください。

業者に頼まない方法は、かなりの手間と時間がかかります。さらに、万が一の事故やトラブルが起こった場合は、近隣住人との付き合いにも影響します。
ムダなロスをカットしたいのなら、結局は業者に任せてしまうのが正解なのかもしれません。

解説/丸野裕行(ライター、不動産ポータルサイト編集長)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 丸野裕行) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき