CIA(米中央情報局)の『Instagram』公式アカウント ちょっとした謎解きゲームみたい

access_time create folderエンタメ

スパイ映画にも頻繁に登場するアメリカの中央情報局(Central Intelligence Agency、CIA)が、『Instagram』の公式アカウントを開設しました。アカウント紹介文は、「私たちは国家防衛の最前線です。他の人が成しえないことを成し遂げ、行けない場所へと赴きます」となっています。

View this post on Instagram Central Intelligence Agencyさん(@cia)がシェアした投稿 – 2019年 4月月25日午前7時34分PDT

https://www.instagram.com/p/Bwrpo0mB5kz/
周囲にある物などの単語を言い当てる連想ゲームで使うフレーズの、「I spy with my little eye…」というキャプション付きの初投稿。この画像の中に何があるか当ててみてという意味でしょう。時計の針が午前8時46分で止まっていますね。2001年9月11日に、ワールドトレードセンターのノースタワー95階にアメリカン航空11便が直撃した時間も午前8時46分です。CIA職員のIDもありますね。画像の右上にある地図は中国でしょうか。他にも謎解き要素がたくさんありますね。

View this post on Instagram Central Intelligence Agencyさん(@cia)がシェアした投稿 – 2019年 4月月27日午前10時59分PDT

https://www.instagram.com/p/BwxKvsBBeac/
2回目の投稿はコミックアートの画像です。最初の1枚目は、1979年11月に発生したイランのアメリカ大使館人質事件で、人質救出作戦を仕切った当時CIA秘密工作本部作戦支援部所属の故トニー・メンデス氏のアート画像。映画『アルゴ』でベン・アフレック演じる主人公のモデルになった人でもあります。

秘密主義のCIAが『Instagram』で情報公開する裏には、どんな秘密が隠されているのでしょうか。

cia [リンク]
https://www.instagram.com/cia/

※画像:『Instagram』より引用
https://www.instagram.com/p/BwxKvsBBeac/

※ソース:
https://www.bbc.com/news/world-us-canada-48071314
https://edition.cnn.com/2019/04/25/politics/cia-instagram-trnd/index.html

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧