屋台のような魔改造をされたクーペ・フィアット

access_time create folderエンタメ

1995年に日本のグッドデザイン賞金賞を受賞したクーペ・フィアットが、フランス人アーティストのBenedetto Bufalinoさんの手によって屋台仕様に改造されてしまいました。

View this post on Instagram Studio Benedetto Bufalinoさん(@studiobenedetto)がシェアした投稿 – 2019年 4月月4日午前8時47分PDT

https://www.instagram.com/p/Bv1s5FloZaK/
車体の上と下を横に真っ二つに切断され、フライヤーなどの調理器具が設置されています。さすがにこのまま車に乗り込んで移動するというのはできないようですね。牽引するためにもう1台車両が必要でしょう。

View this post on Instagram Studio Benedetto Bufalinoさん(@studiobenedetto)がシェアした投稿 – 2019年 3月月20日午前7時20分PDT

https://www.instagram.com/p/BvO7YStnNjf/
ピニンファリーナが手掛けたインテリアも完全に捨て去り、調理するだけに特化した改造車となりました。アート作品なので、実用性は無視したということなのでしょうね。

View this post on Instagram Studio Benedetto Bufalinoさん(@studiobenedetto)がシェアした投稿 – 2019年 3月月31日午前3時29分PDT

https://www.instagram.com/p/Bvq1v73jSVw/
2000年には販売終了してしまったクーペ・フィアットですが、こういった形で再注目されるとはフィアット社の人たちも想定していなかったのではないでしょうか。

クーペ・フィアットに限らず、自動車を使ったインスタレーションがBenedettoさんの得意ジャンルのようです。他にも面白い作品が数多く『Instagram』で公開されています。

Studio Benedetto Bufalino [リンク]
https://www.instagram.com/studiobenedetto/

※画像:『Instagram』より引用
https://www.instagram.com/p/Bvq1v73jSVw/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧