アニメ『リラックマとカオルさん』脚本:荻上直子インタビュー「カオルさんは手が届きそうな距離の憧れの女性像」

access_time create folderエンタメ

幅広い世代に愛される人気キャラクター『リラックマ』をストップモーションアニメで描く、Netflixオリジナルシリーズ『リラックマとカオルさん』が、本日4月19日(金)より全世界配信スタート。

都内の小さな商社で働くごく普通の、ちょっとトボけたアラサーOLのカオルさん(声:多部未華子)とリラックマたちの、やさしくて、ちょっぴりほろ苦い日常を描きます。

カオルさんは、いつの間にか住みついたリラックマ、コリラックマ、そして掃除が大好きなキイロイトリと暮らしています。真面目すぎると人から言われることに少々コンプレックスを抱いているカオルさんと、呑気なだららん生活を送るリラックマたちが過ごす色とりどりの12か月の物語。

毎日一生懸命な人へ贈る、がんばるを忘れる10分間を、この春全世界へお届けします。

今作の制作・プロデュースを担当したのは、NHKキャラクター『どーもくん』や、フランスでロングラン上映を続ける『こまねこ』をはじめ、ストップモーションアニメを中心とした映像作品を手がける制作スタジオ・ドワーフ。

そして、映画『かもめ食堂』や『めがね』、『彼らが本気で編む時は、』など映画監督として活躍する荻上直子さんが脚本を手がけています。荻上さんに、リラックマの同居人のカオルさんをそのように捉えて描いたのかなど、お話を伺いました。

「どこかに嫌なヤツはいつもいて(笑)、でも辛いことばかりじゃなくて、みたいなことは変わらない」

――元々、リラックマにどんなイメージを持たれていましたか?

荻上:正直、かわいいキャラクターとして、よく寝て食べる姿を思い浮かべるくらいだったので、今回脚本を担当するにあたってリラックマについて勉強しました。

――今作はリラックマに加えてカオルさんの日常がメインで描かれていますが、監督からカオルさんをメインにしようというお話があったのでしょうか?

荻上:最初からそうと決まっていたわけではなかったです。プロデューサーとお話しする中で、大人が観ても子どもが観ても面白いアニメーションにしましょう、と言われて。それには、ストーリーがしっかりしていないとダメなんだろうなと考えました。また、「リラックマのことを大好きで大事にしている人がたくさんいるから、そのイメージを崩さないために、セリフを喋らせるのはやめましょう」となりました。そして、喋らないリラックマたちだけでは、なかなか13話のしっかりしたドラマを作るのは難しいかな、と思った部分もあり、「これはカオルさんに出てきてもらおう!」と思いました(笑)。

――一番最初に『リラックマ』というキャラクターが登場したときから、カオルさんの家に居候している、という設定だったのですが、展開シリーズによっては登場しないものも多かったので、原点に戻った感じがありました。

荻上:そうですね。逆にこの作品を観て、「リラックマだけじゃないの?」と思う人もいるかもしれないですね。

――キャラクターが登場した初期や書籍の展開を知らないと驚くかもしれないですね。そんなカオルさんの人物像はどのように考えたのか教えてください。

荻上:リラックマは、居候先のOLのカオルさんに、たまに怒られたりするじゃないですか。

――散らかして「こらっ!」とか言われていますね(笑)。

荻上:そのやり取りの感じがとても面白かったから、だらしがなかったり、食べ物を散らかしていたり、リラックマのただ可愛いだけじゃないイメージを崩さない程度に接することができる、自分の友達にいそうな、日常に存在していそうなOLさんをイメージしました。けれど、自分なりのこだわりのあるイイ感じのキレイな部屋に住んでいて、ちゃんとごはんも作ってアイロンをかけたりする、手が届きそうな距離の憧れの女性像、みたいなところを意識しています。

ちゃんと丁寧に日常を生きている人って私自身も憧れるし、そんな中でちょっと運が悪かったり、浪費しちゃったりするダメなところを、リラックマたちの存在が助けてくれる物語にしました。

1 2 3次のページ
access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧