ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オフィスに欲しい!? マイクロソフト、50インチの「Surface Hub 2S」を6月発売

マイクロソフトは17日、米国ニューヨークで開いたプレス向けイベントで、Windows 10を搭載する大画面の端末「Surface Hub 2S」を6月に米国で発売すると発表した。

また、Surface Hub 2の85インチモデルを手がけることも同時に明らかにし、こちらは2020年の出荷を見込んでいる。

・用途幅広く

Surface Hubはインターラクティブな巨大ホワイトボードで、タッチディスプレイを搭載する。OfficeやMicrosoft Teamsなどのツールが使え、プレゼンテーションや会議など幅広い用途が想定される。

カメラやマイク、スピーカーがもちろん搭載されていて、複数の遠隔地からの参加者を映像でつないでミーティングするということもできる。

今回発表した2Sは50インチ(アスペクト比3:2)で解像度は3840×2560。車輪付きのスタンドを使って持ち運びができ、部屋をまたがっての使用にも対応する。価格は8999ドル(約101万円)。

・つなげての利用も

一方の85インチモデルはアスペクト比16:9。50インチと並べての使用もオーケーだ。

たとえば、85インチモデルの両サイドに50インチを置いて横長の巨大画面にして使うこともできれば、85インチモデルのスクリーンに映し出したコンテンツの詳細を左右の50インチに表示する、といったこともできる。こちらは2020年出荷予定で、価格についての情報はまだない。

いずれも、日本での早期発売にも期待したいところだ。

Microsoft

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。