ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Disney+(ディズニー・プラス)』の詳細が明らかに 『Netflix』より安いぞ

『Netflix』の対抗馬と目されている動画配信サービスの『Disney+(ディズニー・プラス)』ですが、日本時間の4月12日にその詳細が発表されました。

Disney+ Launch Date & Price Details | Disney Plus News (YouTube)
https://youtu.be/nIJX1OqdAYI

アメリカでのサービス開始は11月12日で、価格は月額6.99ドル(約780円)と年額69.99ドル(約7840円)の2本立てとなっています。『Disney+』ではディズニーを筆頭に、ピクサー、マーベル、『スター・ウォーズ』、ナショナルジオグラフィックといったコンテンツが配信されます。コネクテッドTVやモバイル機器でも利用可能です。

『ザ・シンプソンズ』の30シーズン全てといった既存のコンテンツに加え、初年度は新作となるオリジナルシリーズ25タイトル以上とオリジナル映画10タイトルの配信が予定されています。マーベルの『The Falcon and The Winter Soldier(ファルコン&ウィンター・ソルジャー)』、『WandaVision(ワンダビジョン)』や、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの『Into the Unknown: Making Frozen 2(『アナと雪の女王2』のメイキングドキュメンタリー)』といった新作タイトルも発表されています。

アメリカ以外の国や地域でのサービス開始時期については、西ヨーロッパが2020年度の第一または第二四半期、東ヨーロッパはその後、アジアパシフィックは今後2年以内、中南米は2021年度の第一四半期が予定されています。

『Disney+』は、“ディズニー作品”という強力なキラーコンテンツと共に、『Netflix』の月額12.99ドルを大幅に下回る月額6.99ドルという価格で、動画配信サービスに進出してきます。『Netflix』がどういった対抗策を打ち出してくるのかも注目ですね。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=nIJX1OqdAYI

※ソース:
http://whatsondisneyplus.com/disney-details-announced/
http://whatsondisneyplus.com/disney-faq/when-is-disney-launching/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。