ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヘルメット装着で100パーセントハンズフリー!現場作業員のためのウェアラブルデバイス「RealWear HMT-1Z1」

危険がつきものの建設・工事現場。その作業員を支援するため、画期的なデバイスが考案された。

・音声認識のための高度なアルゴリズムを搭載

「RealWear HMT-1Z1」と名付けられたこの製品はマイクロディスプレイ付きの音声制御デバイス。ヘルメットに装着可能で100パーセントハンズフリー。強力なスピーカーシステムと4つのデジタルマイク、ノイズキャンセルのための高度なアルゴリズムを搭載し、広範囲に音声を認識する。

手入力や面倒な設定は不要。ユーザーのひと言で簡単に起動できる。作業中も大声を上げずに通常の声で話せばいい。緊張と隣り合わせで仕事をする労働者にとって、これほどうれしいことはないだろう。

ARアプリとも連携。マイクに向かって話すと、テキストと数字を入力できるようになっている。カメラはフレームレート30 で最大1080 pのビデオ録画に対応。もちろん、防水、防塵、防滴だ。

・危険区域での使用も可

耐久性もお墨付き。ATEXゾーン1、IECExゾーン1、CSA C1の承認を取得しており、爆発の危険性がある区域や中東のような高温環境での使用にも適している。

価格はパック料金で2135ドル(約23万7000円)から。専用ショッピングサイトで直接購入可能。

RealWear HMT-1Z1

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。