ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ルウを入れて5分煮込むだけで本格メニューが完成!時短料理の救世主「ポントクック」

毎日仕事や家事、育児に追われ続け多忙な日本女性。“毎日の料理はできるだけ時短にしたい…”という人も少なくないのではないでしょうか。
キャプチャ
簡単なのに手作り感ある料理を作りたい人にオススメなのが、今年2月に江崎グリコから発売された「ポントクック」。仕上げに“ポンッ!”と入れるだけで簡単に本格料理が完成するという、進化系ルウタイプの調味料です。発売を記念したメディア向け試食会に参加したので、その様子をご紹介しましょう!
キャプチャ
「ポントクック」の開発を手がけた江崎グリコ食品マーケティング部 柳谷麻郁さん。総務省統計局が平成28年に行った調査によると、共働き世帯の増加によって、女性が料理や家事にかける時間は近年減少の傾向にあるとのこと。また、同社が行なった調査によると、一方で忙しい日々の中でも、“最も手を抜きたくない家事”は「料理」という回答が一位という結果に。また夕食にレトルトや冷凍食品を利用することに罪悪感を抱く女性も多いと判明。さらに「野菜を自分で切る」「煮込む」という手順があることで手作り意識を感じるという回答が目立ったとのこと。江崎グリコはこの「手作り意識」と「時短」に着目。多くの女性の声を反映し、野菜などの材料は自分でカットし、仕上げにルウを入れるという「ポットクック」の商品化に至ったのだとか。
キャプチャ
「ポントクック」とプロの味を比べる試食会も実施。数々の中華料理店で腕を振るったTETSUYAシェフが調理するものと、ポントクックで作るものを比較。メニューは「豚バラのうま塩キャベツ炒め」。共通材料は豚バラ肉とキャベツのみです。
キャプチャ
TETSUYAシェフはじっくり煮込んだ鶏スープなどを調味料として使用。プロならではの丁寧な手仕事が光ります!
キャプチャ
ポントクックで作る方はルウ以外の調味料は一切使用せず、キャベツと豚バラを炒めるのみ。
キャプチャ 材料に火が通ったら水を入れて数分煮込みます。その間に洗い物ができるので効率良い調理が可能に。
キャプチャ 一煮立ちさせたらポントクックを投入!ルウは1人分が小分けになっているので、人数に合わせて使えるのが特徴なのだそう。
キャプチャ
お箸で軽く混ぜながらキャベツと豚バラにルウを馴染ませます。「味」と「とろみ」が一度に決まるのもポットクックの魅力なのだとか。調味料を合わせたり、水溶き片栗粉を用意する必要もないので忙しい時に大変便利ですね。
キャプチャ
左がTETSUYAシェフによる「豚バラのうま塩キャベツ炒め」。右がポントクックで作ったもの。水分量に差はあるものの、見た目はほとんど同じ仕上がりに。
キャプチャ
続いて試食タイム。TETSUYAシェフが調理したものは鶏スープの濃厚なコクが際立ち、まさに専門店の味わい。一方ポントクックで作ったものは、魚介の出汁と様々な調味料が調和し、深みある旨味が凝縮。ルウを使ったとは思えない美味しさでした。最後にルウを入れるだけで、まるで一から手作りしたような本格的な味に仕上がるのは大変魅力的。仕事や家事に忙しい人にピッタリな調味料であること間違いなしです!
キャプチャ
「ポントクック」は今回披露された「中華風うま塩ソースの素」の他に、「ホワイトソースの素」「ドミグラスソースの素」「麻婆ソースの素」「和風あんかけの素」「和風あまから煮込みの素」と和・洋・中6種のラインナップを用意。どれも仕上げにルウを入れるだけで「味」と「とろみ」が出来上がります。 キャプチャ
さらに一つのルウでバリエーション豊かなメニューを作ることも可能。例えば「中華風うま塩ソースの素」では野菜の炒め物はもちろん、中華風たまごスープや蟹玉あんかけなど多彩なレパートリーを楽しめますよ。

仕上げに加えるだけで簡単に本格料理が出来上がる「ポントクック」。“料理は時短で作りたいけれど、手作り感あるものを家族に食べさせたい」という人はぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

【Nicheee!編集部のイチオシ】

安室の女必見!名探偵コナンカフェ2019の安室さんまとめ
名探偵コナン劇場版、初の海外! シンガポール航空と特別コラボ
劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』公開記念!「名探偵コナンカフェ2019」が今年も開催!!

ルウを入れて5分煮込むだけで本格メニューが完成!時短料理の救世主「ポントクック」
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき