ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Apple、定額ゲームサービス「Arcade」発表! 150カ国・地域で今秋展開へ

待ってました! というゲーム愛好家は多いだろう。Appleは25日、定額で100本以上のゲームが楽しめるサービス「Apple Arcade」を発表した。

オリジナルコンテンツなどが豊富にそろえられ、しかもiPhone、iPad、Mac、Apple TVで利用できる。サブスクリプション料金は明らかにされなかったが、世界150カ国・地域で今秋から展開される見込みだ。

・坂口博信氏もビデオ登場

ゲームは新作に加え、オリジナルがそろえられる。イベント会場でのこのサービスを紹介するビデオには、ファイナルファンタジーで知られる坂口博信氏やモニュメントバレーを製作したKen Wong氏も登場した。どちらのゲームも世界中に多くのファンを持つだけに、ネームバリューのある2氏の参加はゲーム愛好家にとって魅力となる。

そのほか展開されるゲームとしては「Where Cards Fall」「LEGO Bawls」「The Pathless」などがリストアップされ、コナミの「Frogger in Toy Town」、セガの「Sonic Racing」も提供される。

・最大6人まで

コンテンツに加え、Arcadeは家族であれば追加料金なしに最大6人までアクセスできるのも魅力。子供が複数いる家庭などは、それぞれが好きなゲームを好きな端末で遊べることになる。

また、Arcadeのゲームはオフラインでのプレイとなり、飛行機などでの移動のいいお供となりそうだ。広告がないのも嬉しい。

Appleのサイトにはいくつかのゲームのトレイラーがアップされ、またタイトルもチェックできるので、待ち遠しいという方はサイトをのぞいてみてほしい。

Apple

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。