ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『HiGH&LOW』初のマサラ上映決定! 応援&絶叫に加えて鈴やタンバリン・クラッカー持ち込みOK!
  • アメコミファンでなくとも楽しめる要素満載! マーベル最新映画はまるで宇宙版『ONE PIECE』!?
  • リブート版『パワーレンジャー』、俳優のテスト撮影を開始
  • 『バンブルビー』はなぜ泣けるのか? プロデューサーに聞く物語のポイント「お互いが成長過程だから通じ合える」
  • 『スポットライト』レイチェル・マクアダムス来日会見 「被害者たちに勇気を与えることができた」
  • 『ナイト ミュージアム』がシリーズ完結へ おなじみのメンバーが勢ぞろいのポスターにはもちろんロビン・ウィリアムズの姿も
  • 映画館でイチバン許せない観客の行為は? 大規模1002人アンケート結果
  • 『アベンジャーズ』『アイアンマン』などマーベル作品へのカメオ出演でお馴染みの元気すぎるおじいちゃん! その正体とは?
  • 一粒の“雨”で人間が豹変する―― 満足度90%超の感染パニックホラー『ダーク・レイン』
  • 緊急開催!ハル・ハートリーのクラウドファンディング応援企画《ハートリー映画4作品上映会》
  • 映画『ハード・コア』荒川良々のシュール過ぎる“ランジェリー姿”本編場面写真&映像解禁
  • 何も起こらない幽霊屋敷映画 『呪われし家に咲く一輪の花』
  • アロノフスキー監督のサイコ・スリラー『マザー!』 日本公開中止の衝撃作がデジタル配信とブルーレイ&DVDでリリース[ホラー通信]
  • 業界関係者の評価の高い作品は? 名作から最新作まで網羅している『FRaU』の「泣ける、映画」特集
  • “ハリポタ”スピンオフの邦題が『ファンタスティック・ビースト』に決定! 近日中に映像も解禁か
  • 瀬戸康史・北乃きい主演の実写映画「僕は友達が少ない」10月12日に『niconico』で無料上映

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

職人というより伝統工芸士レベル!? 空箱の変身ぶりがもう異次元すぎる

世の中には思いもかけないものをアートへと昇華させる人達がいます。そういう人達はアーティストと呼ばれます。日本にも「そうくるの?」と言わされてしまうアーティストが大勢存在しています。

空になった商品パッケージを工作し、アート作品へと仕立て上げ、『Twitter』上で公開しているのが“空箱職人 はるきる”さんです。


https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/status/1076392567837581312
アザラシがプリントされた『鼻セレブ』の空箱を使って、アザラシにしちゃいました。しかも、ティッシュはそのまま使えるという離れ業までやってのけています。


https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/status/1063590716255989760
『プリングルズ』のキャラが箱から飛び出しちゃいました。躍動感がすごい。


https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/status/1055407296459620352
『オレオ』なんか戦闘機になっちゃう。誰も想像できないですよね。『オレオ』から戦闘機へのトランスフォームは。


https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/status/1070992068749611009
ゴダイゴが歌う主題歌が聞こえてきそうなフォルムです。紙パックのコーヒーが大変身。


https://twitter.com/McDonaldsJapan/status/1103867890724352000
『マクドナルド』のホットアップルパイのパッケージもこんな風になりました。

素材となる商品パッケージのデザインを活かしてここまで変身させてしまうとは、アーティストとか職人とかのレベルじゃないですね。もはや伝統工芸士レベルといっても過言ではないかもしれません。

※画像提供:空箱職人 はるきる( 02ESyRaez4VhR2l )さん
https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき