ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

職人というより伝統工芸士レベル!? 空箱の変身ぶりがもう異次元すぎる

世の中には思いもかけないものをアートへと昇華させる人達がいます。そういう人達はアーティストと呼ばれます。日本にも「そうくるの?」と言わされてしまうアーティストが大勢存在しています。

空になった商品パッケージを工作し、アート作品へと仕立て上げ、『Twitter』上で公開しているのが“空箱職人 はるきる”さんです。


https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/status/1076392567837581312
アザラシがプリントされた『鼻セレブ』の空箱を使って、アザラシにしちゃいました。しかも、ティッシュはそのまま使えるという離れ業までやってのけています。


https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/status/1063590716255989760
『プリングルズ』のキャラが箱から飛び出しちゃいました。躍動感がすごい。


https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/status/1055407296459620352
『オレオ』なんか戦闘機になっちゃう。誰も想像できないですよね。『オレオ』から戦闘機へのトランスフォームは。


https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l/status/1070992068749611009
ゴダイゴが歌う主題歌が聞こえてきそうなフォルムです。紙パックのコーヒーが大変身。


https://twitter.com/McDonaldsJapan/status/1103867890724352000
『マクドナルド』のホットアップルパイのパッケージもこんな風になりました。

素材となる商品パッケージのデザインを活かしてここまで変身させてしまうとは、アーティストとか職人とかのレベルじゃないですね。もはや伝統工芸士レベルといっても過言ではないかもしれません。

※画像提供:空箱職人 はるきる( 02ESyRaez4VhR2l )さん
https://twitter.com/02ESyRaez4VhR2l

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。