ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

[げえっ] “横山三国志”の皇帝の印鑑「伝国の玉璽(ぎょくじ)」がガシャポンで登場! ビジネスシーンで大活躍!?

<img 横山光輝氏の大人気漫画『三国志』に登場する作品のキーアイテム「伝国の玉璽」を模したスタンプマスコット『横山三国志 伝国の玉璽スタンプ』(全25種、1回300円・税8%込)が、2019年3月第4週より全国の玩具売場・量販店などに設置されたカプセル自販機での発売が決定した!

“横山三国志”初のカプセルトイ!

1971年から1987年まで連載された横山光輝氏作の『三国志』は、近年も愛蔵版などの形で再販され、シリーズ累計発行部数は約7,000万部と、絶大な人気を誇る歴史漫画作品。

『横山三国志 伝国の玉璽スタンプ』は、「三国志」の物語に「皇帝の証」として序盤から終盤まで登場するキーアイテム「伝国の玉璽」のビジュアルを再現し、実用性の高いインク内蔵スタンプとして商品化。

印面は作品の主要登場人物である劉備、曹操、孔明、関羽、張飛をラインアップし、ファンの間で人気が高くスタンプとして使いやすい場面を選定している。

それぞれセリフあり・なしのデザインがあり、ビジネスシーンでのコミュニケーションなどへの幅広い活用が可能だ。

使い方は以下の通り。
(1)玉璽マスコットの上部を外す
(2)スタンプしたい場所にそのまま押す
(3)スタンプしたものにメッセージを書く

人気が出たら第2弾も……!? ぜひ、「待て あわてるな これは孔明の罠だ」「だまらっしゃい」「ウム!」なども加えて欲しいところだ。

■商品概要
横山三国志 伝国の玉璽スタンプ

■発売日:2019年3月第4週より順次
■メーカー希望小売価格
■対象年齢:15歳以上
■主な素材:本体/ABS
■サイズ:H 約65mm×W 約20mm×D 約20mm(印面:約14㎜四方)
■ラインアップ:全25種 ※スタンプ色は赤一色
■主な販売ルート:全国の玩具売場・量販店などに設置されたカプセル自販機

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: sasuke_in) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき