ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GWに行きたい!花粉症対策で人気の海外旅行先ランキング

GWに行きたい!花粉症対策で人気の海外旅行先ランキング
エアトリが、10代~70代の男女799名を対象に「花粉症からの逃避行」に関するアンケートを実施しました。今年は昨年以上に花粉が舞うことが予測されているなかで、夢の10連休がやってきます。ツアー予約はだいぶ埋まってきていますが、今ならまだ日本脱出が間に合います!

花粉症経験者は56.6%

GWに行きたい!花粉症対策で人気の海外旅行先ランキング
まず、アンケート回答者の花粉症に関する回答からみてみましょう。回答者の799名のうち、「花粉症である」が46.2%、「花粉症だったが、現在は症状が出ていない」が10.4%となり、56.6%が花粉症を経験したことがあるとしています。

799名(花粉症未経験者も含む)の症状が出る時期(複数回答)としては、3月の40%に次いで4月の37%が目立っています。5月も20%がまだまだ花粉に悩まされる時期と回答。この20%の数字も、分母を花粉症経験者にして計算し直すと、35%まで跳ね上がります。

そして、799名のうち、15.8%が「花粉症を避けるため旅行に行ったことがある」、6.3%が「行きたいと思ったことがある」と回答しています。

実際に花粉症対策で海外に行った人は、分母を花粉症経験者にして計算し直すと、28%になります。実際どこに行ったのでしょうか?

行先ランキングを紹介する前に、以下豆知識です。

世界の花粉情報

GWに行きたい!花粉症対策で人気の海外旅行先ランキング
旅先を決めるときは、トリップアドバイザーの「世界の花粉飛散カレンダー」を確認しましょう。4~5月であれば、北米、欧州が花粉シーズン内になります。

>>>トリップアドバイザー「世界の花粉飛散カレンダー」

またThe Weather Channelでは、世界各地のリアルタイム、そして一週間予報の花粉飛散情報が見えます。

たとえば、2019年3月13日時点のバルセロナの花粉はというと、樹木が中間レベル、牧草が中間レベル、ブタクサがなしとなっています。

>>>The Weather Channel 「アレルギートラッカー」

調べるときは、ページ左上の虫眼鏡マークのところに、都市名、郵便番号などを入力するだけ。

ときどきエラーが出るのですが、その際は、最初に都市の天気情報が表示されます。そうしたら、ページ右上の黒い帯にある「その他の予報」からアレルギートラッカーを選んでください。なお、都市名は英語で入れた方が反応しやすいときもあるようです。

それでは、行き先ランキングの上位5位を紹介します。

第5位 シンガポール

GWに行きたい!花粉症対策で人気の海外旅行先ランキング
老若男女に人気の常夏の国です。日本政府観光局(JNTO)の2016年の調査では、日本人が訪問する国・地域の第6位という結果が出ています。

杉やヒノキの少ないと言われる東南アジアですが、シンガポールは3月13日時点で、樹木、牧草、ブタクサの花粉レベルが低いと出ています。

>>>The Weather Channel アレルギートラッカー(花粉)シンガポール

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき