ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人の目の代わりになるアプリ「Seeing AI」、スクリーンタッチで解説する新機能追加

スマホのカメラを向けると、そこに何が写っているのかを音声で案内するマイクロソフトの「Seeing AI」は、視覚にハンディを抱える人にとって目の代わりになる有意義なアプリだ。

このアプリではビジュアルデータをオーディオデータに変換するわけだが、さらに便利な機能が加わった。タッチスクリーン上で触ったところに映っているものをオーディオで解説する機能だ。

・配置の把握にも役立つ

手に持っている紙幣がいくらのものかを知りたいとき、このアプリをダウンロードしたスマホのカメラを向けると、アプリが「50ドル札」などと教えてくれる。しかし、いつも特定のもの1つだけを写すとは限らない。

たとえばカメラで部屋をとらえると、机があり、その上にはPCが載っていて、近くにはソファがあるかもしれない。そのときに新機能では、スクリーン上でタップしたところに映っているものを教えてくれる。

なので、部屋を映し出してスクリーンをタップすることで「左側に黒いソファがある、ということがわかり、そこに行って座るとことができるわけだ。

・利用は1000万回以上

画像認識技術や人工知能がフル活用されているこのiOSアプリは2017年にリリースされ、以来1000万回以上の利用があったという。

今回の新機能搭載に伴い、iPadもサポートするようになり、タッチ機能を利用するにはiPhoneよりiPadの方が便利かもしれない。

アプリのダウンロードは無料となっている。

マイクロソフト

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy