ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GoogleがGDC 2019にてゲームストリーミング向けコントローラーを発表か?

実は以前より、3月中に開催されるGame Developer Conferance 2019(GDC 2019)にてGoogleがゲームストリーミングサービスを発表すると噂されてきた。そこで先日、USPTO(米国特許商標庁)にてGoogleがゲームコントローラーの特許を申請していることが明らかとなった。

・プロセッサとメモリを搭載?

特許内容によると、どうやらコントローラーにはプロセッサとメモリが搭載されるそうで、ゲームの招待やチャットメッセージの通知などを表示できるディスプレイ(特許内の図には掲載されていない)が搭載されるそうだ。ゲーム機本体との接続はBluetooth、USBもしくはWi-Fi接続となる様子。

つまり、ゲーム内の設定や通知など、ホスト機のディスプレイで表示しなくてもよい内容を映し出すサブディスプレイ的な役割をもつことが予想できる。

・ホスト機はスマホやタブレット

ゲームコンテンツはホスト機からではなくこのコントローラー本体から立ち上げることができるそうで、ホスト機はテレビモニターやタブレット、スマホになるそうだ。ディスプレイの明るさ、音量、ユーザーアカウントなどもコントローラー側で調節が可能だ。

本記事に掲載したレンダリング画像は、特許内容をもとにYanko Designがデザインしたものだ。申請された特許内容全てが製品化されるとは限らないが、これは前述したゲームストリーミングサービスに関連した内容とも予想できる。

ぜひGDC 2019でのGoogleの公式発表を待ちたいところだ。

執筆:Doga

参照元:

Google patent envisions a smarter game controller at the center of multi-screen gaming setup(2019年3月11日)- 9to5Google

A FIRST LOOK AT GOOGLE’S PROJECT STREAM GAMING CONTROLLER!(2019年3月11日)- Yanko Desing

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy