ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazonが3~12歳を対象にしたキッズ向けタブレット『Amazon Fire HD 8 キッズモデル』を発売 キッズ向けコンテンツを提供する月額サービス『FreeTime Unlimited』もスタート

Amazonは3月7日、『Fire』タブレットのキッズ向け製品『Amazon Fire HD 8 キッズモデル』を発表しました。同日から予約受付を開始し、3月19日の出荷開始を予定しています。

『Amazon Fire HD 8 キッズモデル』は、『Amazon Fire HD 8』タブレットの32GBモデルに、無料のペアレンタルコントロールアプリ『FreeTime』、本やゲーム、ビデオ、知育コンテンツなどの子供向けコンテンツを年齢に応じて楽しめる月額サービス『FreeTime Unlimited』の1年分のサブスクリプション、2年間の限定保証、キッズカバーがセットになった製品。対象年齢は3歳から12歳です。

『FreeTime Unlimited』では、数千点の子供向けアプリ、ビデオ、本が利用可能。ディズニー、『スター・ウォーズ』といった海外コンテンツに加えて、“しまじろう”や『おかあさんといっしょ もぐもぐレストラン』『ちびまる子ちゃん』など国内のコンテンツが充実。

『ベネッセコーポレーション こどもちゃれんじ』監修のコンテンツでは、『しまじろうの知育アプリ』がAmazonで先行独占配信されるほか、『しまじろうの英語アプリ』15種類が配信を予定。

欧米で先行して展開してきたことから、英語の本や絵本、ビデオ、英語学習用のアプリなど英語に触れられるコンテンツが充実しているのも特徴です。

『FreeTime』のペアレンタルコントロール機能では、最大4人の子供ユーザーを登録可能。子供の年齢に応じて年齢フィルターを設定することで、子供の年齢に合ったコンテンツが表示されるようになります。

平日と週末で就寝時間・起床時間を登録して子供が利用できる時間帯を設定する機能や、「本を30分読む」など学習目標を設定する機能も利用可能。

子供が実際に利用した時間や学習結果を確認したり、タブレット上の保護者向け管理メニューをリモートで使用できる『ペアレントダッシュボード』は、保護者がブラウザから利用することができます。

タブレット本体は、8インチHDディスプレイ、Dolbyステレオスピーカー、200万画素のカメラとインカメラ、microSDスロットで400GBまで拡張できるストレージなど、『Fire HD 8』32GBモデルそのままの仕様。保護者はユーザーを切り替えれば通常の『Fire』タブレットとして利用でき、子供も成長した後は通常の『Fire』タブレットとして利用することができます。おもちゃや教育用途専用ではなく、汎用のタブレットとして使い続けられるのがポイント。

2年間の限定保証は、子供がタブレットを破損したり故障させた場合に、『Amazon』に返品すれば無償で交換してくれるというもの。

柔らかく耐久性に優れたキッズカバーが付属。ブルーとピンクの2色から選択できます。実際に持ってみましたが、グリップ性がよく、子供にも持ちやすい印象です。

ウェブブラウザは「サイト」というアイコンから起動でき、子供向けに選ばれたブックマークからウェブサイトを開くことが可能。ペアレンタルコントロール機能では、ソーシャルメディアやウェブサイトの接続制限にも対応します。

『FreeTime Unlimited』の対象になっていないアプリは、保護者の判断で任意のアプリを追加することが可能。同様に、子供に不要と判断したアプリは『FreeTime Unlimited』のライブラリから外すこともできるとのこと。

2015年9月以降に発売された既存の『Fire』『Fire 7』『Fire HD8』『Fire HD10』のユーザーは、3月19日に予定しているソフトウェアアップデートにより『FreeTime Unlimited』の利用が可能になります。初回は30日の無料期間が設けられ、料金は一般会員が月額980円(税込み)、Prime会員は月額480円(税込み)。

『Amazon Fire HD 8 キッズモデル』は、3月7日10時から予約受付を開始。価格は1万4980円(税込み)です。製品の出荷開始は3月19日を予定しています。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。