ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカの児童オンラインプライバシー保護法違反で『TikTok』に罰金570万ドル

尺の短い動画を共有できるとして、日本のみならず世界中の若年層に支持されている中国製の動画アプリ『TikTok』。その『TikTok』に対し、アメリカの連邦取引委員会(Federal Trade Commission、以下、FTC)は、児童オンラインプライバシー保護法(Children’s Online Privacy Protection Act)に違反したとして、570万ドル(約6億3000万円)の罰金を課していました。

2月27日、FTC及び『TikTok』は、”570万ドルの罰金を支払う”ことに合意したことを双方で発表しています。FTCへの罰金の支払いに合意したのは『TikTok』を運営するmusical.ly, Inc.です。同社は2017年に『TikTok』と合併しています。

Video Social Networking App Musical.ly Agrees to Settle FTC Allegations That it Violated Children’s Privacy Law
https://www.ftc.gov/news-events/press-releases/2019/02/video-social-networking-app-musically-agrees-settle-ftc[リンク]

musical.ly’s agreement with FTC
https://newsroom.tiktok.com/musical-lys-agreement-with-ftc/[リンク]

児童オンラインプライバシー保護法は、13歳未満のユーザーから名前、メールアドレス、その他の個人情報を収集する前に保護者の同意が必要と定めています。しかし、FTCの発表によれば、「運営会社は、多くの子供たちが『TikTok』を使っていることを知っていましたが、13歳未満のユーザーから名前、電子メールアドレス、その他の個人情報を集める際、保護者の同意を得ていませんでした」とのことです。

今回の合意で『TikTok』側は、570万ドルの罰金を支払うだけでなく、13歳未満のユーザーに対しては児童オンラインプライバシー保護法に準拠した対応をとること、13歳未満のユーザーが作ったすべてのビデオをオフラインにすることが要求されています。

単純に中国企業がアメリカの法律に違反したというだけでなく、この背景にはアメリカ政府の中国企業に対する警戒心もあるのではないでしょうか。ファーウェイの件もありますし。

※画像:
https://www.tiktok.com/en/

※ソース:
https://www.ftc.gov/news-events/press-releases/2019/02/video-social-networking-app-musically-agrees-settle-ftc
https://newsroom.tiktok.com/musical-lys-agreement-with-ftc/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき