ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

船でしか行けない秘湯!? 雪見の絶景露天&五箇山を楽しむ、冬の富山旅

船でしか行けない秘湯!? 雪見の絶景露天&五箇山を楽しむ、冬の富山旅

日本全国を旅しながら星景写真を撮影している宮坂雅博と小松由利江です。

今回は、世界遺産として有名な五箇山の合掌造り集落、秘湯・大牧温泉を中心に、富山の美味しい郷土料理や冬景色を満喫する旅をご紹介します!

【行程】
北陸新幹線&レンタカーで、ぐるっと富山県西部の旅
砺波の伝統家屋で、伝承料理をいただく
「世界遺産」五箇山の合掌造り集落を散策
船で行く秘湯の宿「大牧温泉」
北陸最大の寺院をめぐる
地域の技術を伝承。井波彫刻工房を見学
珍しい白色のそば
「クロスランドおやべ」から散居村を展望
伝統とモダンの融合! 薄氷本舗 五郎丸屋「T五」

北陸新幹線&レンタカーで、ぐるっと富山県西部の旅

JR東京駅から北陸新幹線に乗車して約2時間40分、JR新高岡駅に到着。「びゅうレンタカープラン」を使い、この駅を起点に富山県西部の名所をめぐります。

ここで、今回の旅路を説明しておきます。
富山県 砺波五箇山地図

富山県 砺波五箇山地図

能登半島の根本から内陸に広がる砺波(となみ)平野にある高岡市、砺波市、小矢部(おやべ)市および南砺(なんと)市の4市の位置を大まかに頭に入れておくと、旅路のイメージが容易になると思います。

砺波の伝統家屋で、伝承料理をいただく

JR新高岡駅からレンタカーで砺波平野を南に約20分走ると、築120年の伝統家屋「アズマダチ」の「農家レストラン大門(おおかど)」に到着します。

アズマダチとは、大きな三角の妻面に太い梁と束、貫がます目み組まれ、その間が白壁となっている家屋で、砺波地方にみられる伝統的家屋です。

また、周囲に植えられた杉などの屋敷林は「カイニョ」と呼ばれ、吹雪や夏の日差しを避ける役目が。広大な水田の間に民家が点在する「散居村(さんきょそん)」は日本の農村の原風景のひとつといわれています。
農家レストラン大門

アズマダチ古民家のお店

いよいよ、富山砺波地域の伝承料理を堪能します。
伝承料理

伝承料理「恋茜(税抜2,700円)」

中央上にある三角形の「ゆべす」は、溶き卵とだし汁を寒天で固めたもの。私の住む長野県諏訪地方では、クルミを入れて甘く仕上げるので、地域の差が面白く感じられました。

その下にあるのが、三色くずきりで、中央にあるいり酒だし汁でいただきます(ただしアルコールに弱い人は要注意!)

右下は「大門素麺(おおかどそうめん)」。富山名産「赤巻かまぼこ」がのっています。この素麺の特徴は丸まった乾麺で、太めでコシがあり美味しいです。
大門素麺

1 2 3 4 5 6 7次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき