週刊新潮掲載の「ZOZOの採用面接にいったら剛力彩芽さんがいた」という記事をZOZOが否定 法的措置も検討

access_time create folderエンタメ

2月14日に発売された『週刊新潮』2月21日のワイド特集「女心と冬の風」に

ZOZO「前澤社長」の株価対策という面接官「剛力彩芽」

という記事が掲載された。そこでは、

立春を過ぎても冬の風は収まらない。寒さに震えるのはこの人も同じだろう。株価急落のZOZOを率いる前澤友作社長(43)。防戦一方の彼を支えているのは、掟破りの”面接官”だった。

という小見出しで、ZOZOの採用試験を受けた志願者の
「扉を開けたら剛力ちゃんがいたのには驚きましたね」
「面接の席には、前澤社長の傍らに剛力ちゃんもいたんです。彼女は質問というより、いかに前澤さんがすごい人かを力説しているだけでしたが」
というコメントが紹介される。

また、以前

ZOZO前澤社長の洋服の原価ツイートに返信 「その売上の3割もZOZOがとっていることを知ってましたか?」が話題に
https://getnews.jp/archives/2121021[リンク]

という記事でも報じた、前澤社長の「洋服の原価」ツイートなどにも触れ、最後に

こうなれば再びの”面接ごっこ”で、株価を上げてくれる精鋭を募ってみては。

と結んでいた。

株式会社ZOZOの『Twitter』アカウントは、2月15日に

【一部報道に関して】昨日発売の「週刊新潮」に掲載された株式会社ZOZOの採用面接についての記事は、事実とは異なります。当社の採用面接に役員及び社員以外が同席することは一切ございません。当社の名誉や事業活動に不当な損害を与える記事については、法的措置も含めた対応を検討してまいります。

とツイート。ZOZOの田端信太郎・コミュニケーションデザイン室長も上記を引用し

昨日発売された週刊新潮に載っているZOZOの面接についての記事は、事実とは異なります。週刊新潮編集部にはすでに申し入れていますが、ポータルやキュレーション、記事を引用しての情報番組等を制作する方は、ご注意くださいませ。

とツイートを行った。

これにより、さすがに「面接に剛力さんがいるはずはないと思った」といった旨の返信が寄せられる一方、「剛力さんが役員もしくは社員になっているのでは?」といった旨の返信もそれぞれに寄せられるなどしているようである。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧