ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

2人乗り三輪EVのArcimoto、2万ドルでプレオーダー受付を開始

長距離ドライブはしない、というドライバーに新たな選択肢となりそうな電気自動車(EV)が間もなく登場する。

米国のスタートアップArcimotoはこのほど、小型三輪EVのプレオーダー受け付けを開始した。価格は1万9900ドル(約220万円)。ピザ配達などに使用されるスクーターを一回り大きくしたようなデザインで、都市部に住む人を中心に手軽な移動手段を提供する。

・スクーター感覚?

Arcimotoは今回発売する「Evergreen Edition」をSUVならぬFUV(Fun Utility Vehicle)と位置付けている。日本語に直せば、お楽しみ用多目的車といったところだろうか。

写真をみれば一目瞭然、かなりのコンパクトサイズで、幅は155センチ、長さ287センチしかない。そしてユニークなのがドアの付け外しができる点。外すと屋根付きスクーターのような感覚で乗ることができそうだ。

後部には小さいながらも鍵がかけられる荷物スペースがあるので買い物などにも使える。そのほかBluetoothスピーカーやスマホマウント、シートヒーターを備えるなど細部にもこだわりを見せている。

・航続距離160キロ

スペックはというと、最高スピードは時速120キロ、航続距離160キロ。エネルギー効率を高めるために回生ブレーキを採用していて、名称にある通りグリーンな車となっている。

オレゴン州に拠点を置く同社は、今回のプレオーダーはまず同州、そしてカリフォルニア州とワシントン州に限定し、来年全米に広げる計画だ。

Arcimoto

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき