ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

斉藤壮馬「花江夏樹の表現はキレイな生々しさ」2人が最近体験した感動エピソードも! TVアニメ『ピアノの森』インタビュー

『モーニング』(講談社)にて2015年まで連載された傑作クラシック音楽漫画『ピアノの森』(一色まこと著)のTVアニメ第2シリーズがNHK総合テレビにて1月27日(日)深夜より放送中、本日2月10日は第15話が深夜24時10分より放送。

TVアニメ『ピアノの森』第1シリーズは2018年4月から7月にかけて放送され、第2シリーズはいよいよショパン・コンクールをメインにストーリーが展開します。そこで、メインキャラクターである一ノ瀬海(カイ)を演じる斉藤壮馬さん、雨宮修平を演じる花江夏樹さんにインタビュー。

第1シリーズを通しての変化やキャラクターへの向き合い方、最近気持ちが高揚したことなど、お話を伺いました。

お互いのシーンを自分だったらどう演じるのか考える

――第2シリーズ放送開始ということで、まずは第1シリーズを振り返っての感想をお願いします。

斉藤:長い期間、多くの方に愛されている作品の映像化ということで、放送前に「一ノ瀬海くんの声を務めさせてもらいます」と告知をしたら、いろんな方が連絡をくれて、「楽しみにしてる」と言ってくれました。第1シリーズは光の演出とピアノのシーンが描かれているところがとても特徴的だったと思うのですが、やはり元々原作が持っている物語自体の奥深さや面白さをより多くの方に感じてもらえているのかな、と感じました。第1シリーズは、作中では子供から青年になっているので長い時間が経っているんですけど、逆に第2シリーズはショパン・コンクールを中心に描くので、より密度の濃い心理劇をお届け出来るんじゃないかなと思っています。

花江:修平は登場時からカイへの執着と自分との闘いみたいなものがあり、これからどう自分を取り戻して自分のピアノを見つけるか、というところで第1シリーズは終わってしまったので、僕的には少しモヤッとした終わり方だったかなという感じはしたんですけど、ピアノという音楽を題材にしている作品なので、やっぱりアニメになって音がついたことが一番大きいと観ていて思いました。時間の都合上、物語を少し端折っている部分はありますが、音楽がつくことによって、よりキャラクターたちの考えていることが伝わってくるし、直感的にわかりやすくなっていて、やっぱり『ピアノの森』はいい作品だなと改めて感じました。

――アフレコ時はまだ画や演出などすべて付いたものではないと思いますが、放送されたものを観て、印象的だったシーンや驚いたシーンはありましたか?

斉藤:第1シリーズの第1話は青年Ver.のカイくんが冒頭だけ出てきているんですけど、確か第1話はアフレコの段階からほぼ映像は出来ていたような気がします。SEなどは入っていなかったんですけど、かなりキレイな映像になっていて。原作の表現で、ピアノを弾いていると光の粒子みたいなものが空気にのって聞き手に伝わるみたいな描写がすごく好きだったんですけど、それが本当に幻想的な映像演出になっていたので「すごいキレイだな」と感じましたし、“音が見える”みたいな演出がとても素敵だなと思いましたね。あと、特に序盤はそうだったんですけど、映像の演出が独特というか。例えば、阿字野先生と子供時代の雨宮が喋っているシーンが2人の影しか映っていないとか。そういう映像的なセンスも面白いなと思いました。

花江:
僕はカイの住んでいた廃墟みたいなところで、いじめられっこの子供と一緒にピアノを弾くシーンが印象に残っています。もちろん他のカイとのやり取りも印象深いんですけど、あのシーンは修平が久しぶりにピアノを弾けたということもあり、修平も涙を流しながらピアノを弾いていて、「なんかいいな」と思いました。自分が出ているシーンを客観的に観ることはあまり出来ないタイプなんですけど、オンエアを観ていて、ちょっと涙がホロリとしてしまいました。

斉藤:確かにあれは良いシーン。曲もすごく良いよね。

花江:曲も良いし、やっぱり漫画を読んでいるだけじゃ、「これはどういう曲なんだ?」と思っていたことも相まって印象に残っていますね。

――第2シリーズのアフレコが始まり、役に対する印象や向き合い方は変わりましたか?

斉藤:基本的な部分では変わらないかなと思いますね。カイくんは他人からは天才的な才能と称されることもあると思うんですけど、僕はカイくん本人は別にそう思っていないと思うんです。だから、僕がカイくんに対して、「あなたは天才だから」という歩み寄り方をしないようにしようと心がけています。単純にして難しいですが、カイくんが今何を見て聞いて、何を感じているのか、ということに寄り添うことが一番大事かなと思うので、何か明確にやり方を変えていることはないかなと思います。でも、第1シリーズはエピソードがどうしても飛び飛びにならざるを得なかったのですが、第2シリーズは割りと丹念に描いていけるので、より心の機微を丁寧に捉えることができればいいなとは思っています。

花江:修平の印象の変化に関しては、アニメが始まる前にオーディションを受けたときとアニメのアフレコが始まったときでけっこう変わっていて。最初にオーディションを受けた時は、修平はウジウジしているし、カイをいつまでも忘れられないし、自分のピアノがなくて、僕はそんなに好きな性格じゃないなって正直思っていたんですけど(笑)。オーディションに受かってキャラに寄り添うために、修平をいろいろ分析した結果、ちょっと僕が浅かったなと。修平はそんなんじゃないぞ、と。

あんなに学校でも悪ふざけせずにピアノにばかり打ち込んでいた少年の前に、ある日突然天才的なカイが現れて、傍から見たら「そんな簡単に弾かれても」と思うと思います。カイ本人は天才という自覚はおそらくないんでしょうけど、修平としては「そんな僕の努力は一体……」とひとつ挫折があって、それって本当にショックだと思うんです。そこから大人になるに連れて、よりそれが大きなものになっていく。この「どこにぶつければいいかわからない気持ち」みたいなものを抱えている彼を、僕は「一緒に頑張っていこうぜ」と応援する立場に、アフレコの段階で変化しました。

――斉藤さんは役が決まったときに、花江さんから「負けねーぞ」的なLINEのメッセージがきたとおっしゃっていましたが、実際に現場ではバチバチと闘志を燃やし合っている感じなのでしょうか。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。