ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

サーファーは要チェック! 人工ウェーブを楽しめる世界最大の施設が韓国に2020年オープン

人工波でサーフィンが楽しめるスペインWavegardenの施設が韓国に2020年オープンする。

ソウルから車で約1時間のところに位置する京畿道につくられるテーマパーク「タートル・アイランド」の目玉施設で、この手のものとしては世界最大となるという。

・滞在型のリゾート地

タートル・アイランドは海を埋め立てて島がつくられ、そこにコンベンションセンターやホテルなどができる。そのアイランドを取り囲む形でサーフィンラグーンは建設される。

サーフィン施設の他にはマリーナなどが整備され、滞在しながらマリンスポーツなどを楽しめるリゾート地にしたい意向のようだ。

・1時間に1000の波

人工波施設の設計を手がけるWavegardenは現在、英国とオーストラリアでも同様の施設を手がけていて、この業界では名の知れた存在。

人工波の造成には除雪車のようなウェーブフォイルを使用し、タートル・アイランドの施設では、1時間に1000もの波をつくるとのこと。また、波の大きさや形、強さなどもコントロール可能で、初心者から上級者まで波乗りを楽しめるという。

“ビッグウェーブ”を追い求めてハワイに行くような本格サーファーには物足りないかもしれないが、Wavegardenのサイトにアップされたビデオを見る限り、子供から大人まで、そしてビギナーから経験者まで楽しめそう。興味のある人はチェックしてみて。

Wavegarden

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき