ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

またひとり画面の向こうで死んでいく…… 全編PC画面ホラー『アンフレンデッド:ダークウェブ』衝撃の予告編[ホラー通信]

全編がPC画面で展開する新感覚ホラーの続編『アンフレンデッド:ダークウェブ』より、予告編が解禁となりました。

今度の脅威はネットの“闇” 全編PC画面ホラーの続編『アンフレンデッド:ダークウェブ』日本公開

前作の『アンフレンデッド』は、ネットいじめで自殺した少女の霊が、SNSを駆使して犯人らを呪い殺す物語。今作では忘れ物のパソコンを盗んだ主人公が、元の持ち主によって恐ろしい目に遭うようです。

前作と今作、物語としてはつながりはなさそうですが、因果応報な設定は共通のようですね。果たして今回はどんなお仕置きを食らってしまうのでしょうか……。予告編をどうぞ。


動画が表示されない方はホラー通信の記事をご覧ください

スカイプで友人たちと談笑する主人公マタイアスが、出所不明の中古パソコンの隠しフォルダに見つけたのは廃墟で拘束されている女性、ドラム缶に入れられた女性などのヤバい動画。「こりゃまずいPCに手を出したぞ」と気付いたときにはもう遅かった!

スカイプグループには持ち主と思しき誰かが入り込んでおり、「お前らを監視している 接続を切ったり、警察を呼んだりすればひとりずつ死ぬ」と衝撃のメッセージ。友人や友人の家族も巻き込み、凄まじい悲劇が連鎖していくようです……。落とし物、パクっちゃダメ。ゼッタイ。

作品概要

『アンフレンデッド:ダークウェブ』
3月1日(金)新宿シネマカリテ、なんばパークスシネマほか全国順次ロードショー
公式サイト:http://dark-web.jp/

監督・脚本:スティーブン・サスコ『THE JUON/呪怨』『呪怨 パンデミック』(脚本)
プロデューサー:ジェイソン・ブラム『ゲット・アウト』、ティムール・ベクマンベトフ『search/サーチ』
キャスト:コリン・ウッデル 『アンセイン ~狂気の真実~』、ベティ・ガブリエル 『ゲット・アウト』『パージ:大統領令』、レベッカ・リッテンハウス、アンドリュー・リース 『私とあなたのオープンな関係』『オリジナルズ』(TVシリーズ)、コナー・デル・リオ
2018年/アメリカ/93分/原題:UNFRIENDED: DARK WEB 

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき