ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大坂なおみ選手が『スパイダーマン:スパイダーバース』を絶賛! 製作総指揮のフィル・ロードは「2年前辛かった時に君の試合を見て頑張れたんだ」とリプライ

プロテニスプレイヤーで、現在世界ランク第一位(2月4日時点)の大坂なおみ選手。自身のTwitterにて『スパイダーマン:スパイダーバース』を「最近の中で最高の映画」と絶賛。本作の製作総指揮と脚本を手がけたフィル・ロードがリプライを送っています。

全米公開初登場1位を獲得し、各メディアから「スパイダーマン映画史上最高傑作!」と空前の大絶賛を受けた『スパイダーマン:スパイダーバース』。スパイダーマン映画シリーズで初めてゴールデン・グローブ賞(アニメーション作品賞)を受賞し、アカデミー賞<長編アニメーション賞>にノミネートされています。

大坂なおみ選手は「『スパイダーマン:スパイダーバース』は最近の中で最も良い映画の1つであると思う。私はこれまでの映画でこんなに幸せな気持ちになったことはない」と作品を絶賛。多くのファンからリプライ、いいね!をもらう中、フィル・ロードも反応。

「僕も(大坂選手以外の)テニスの試合を見て幸せになったことは無かったよ。2年前辛かった時に君の試合を見て頑張れたんだ」と、フィル・ロードもまた、大坂選手の試合を見てハッピーになれた=元気をもらっていたことをコメントしています。2年前というと、フィルが関係していたあの作品の降板劇の事かな……?

何はともあれ、これまでも俳優のクリスプラットら多くの著名人が絶賛している『スパイダーマン:スパイダーバース』。筆者も一足お先に拝見させていただきましたが、最高!クール!の一言。本当に元気もらえます。待ち遠しすぎる日本公開は3月8日です!

http://www.spider-verse.jp/site/

※画像はTwitterより引用。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。