ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ファイルアプリの「GoodReader」、iPadで分割画面表示ができるように!

iOS端末ユーザーの中には、PDFファイルをiOS端末で閲覧・編集できるようになるアプリ「GoodReader」を使っている方も多いのではないだろうか。

リリースから今年10年を迎え、すっかり定番化したこのアプリだが、このほど大型アップデートを行った。全体的にUIを刷新して使いやすくした中で目玉は何といっても分割画面機能だ。

・作業効率アップ!

このアプリはiOS端末用だが、今回iPad向けに分割表示の機能が盛り込まれた。iPadを横にしたときに、画面を2つに分け左右それぞれに異なるファイルを表示できるというものだ。

たとえば資料のファイルを左側に表示してそれをみながら、右側のファイルに重要な事項や気づいたことなどをメモしていく、ということができる。画面を切り替えなくてもいいので、作業効率がアップすること間違いなしだろう。

・AES-256暗号を採用

そのほかの特徴としては、ユーザーインターフェースが直感的になり、PDFビューアーではスムーズかつ“ページレス”なスクロールになるよう再設計された。ファイルの切り替えもスワイプでできる。

さらに、今回のアップデートでは全体的に安全性を高めているのもポイント。軍レベルのAES-256暗号化を用いていて、もし端末が盗まれてもファイルは守られる。すでにGoodReaderを愛用しているユーザーは、アプリをアップグレードすれば古いファイルについても自動でAES-256暗号が適用されるという。

PDFだけでなくMicrosoft Officeのファイル、ビデオ、画像、MP3などあらゆるファイルを扱えるので“ファイルのスイスアーミーナイフ”とも呼ばれるこのアプリ、かなりバージョンアップしているので興味のある人はチェックしてみて。

GoodReader

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき