ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネットで話題沸騰の“じゃがアリゴ”を『焼そばU.F.O.』に入れると激ウマ! 食べ応え抜群&満足度最強でカロリーも大爆発!!

カルビーの人気ポテトスナック『じゃがりこ』はお湯を入れることでポテトサラダ状に変化させることができますが、そこにさらに追加で『さけるチーズ』を入れると、フランスの伸びるチーズマッシュポテト『アリゴ』になるとして、ネットで大変な話題となっています。

恐ろしく簡単に今流行りのフランスの伸びるチーズマッシュポテト「アリゴ」をじゃがりこで錬成することに成功しました
「じゃがアリゴ」
じゃがりこ一個に塩とさけるチーズ一本裂いて入れ熱湯150cc入れ蓋し数分待ち混ぜるだけ
じゃがりことさけるチーズが旨いから当然旨い、約束された勝利、お勧め

こちらのレシピを考案されたのは『Twitter』で大人気の、料理のお兄さんことリュウジさん。先日、新刊となる『クタクタでも速攻でつくれる! バズレシピ 太らないおかず編(扶桑社)』を発売し、ガジェット通信のインタビュー記事にもご登場いただきました。

「革命がおきる!」「鍋の常識が変わる!」キャッチコピーがバズレシピの秘訣 料理研究家『リュウジ』さんインタビュー
https://getnews.jp/archives/2116425 [リンク]

じゃがりこで作るアリゴ“じゃがアリゴ”が紹介されたツイートはなんと15万リツイート、48万いいねを突破(1月31日現在)。フランス大使館が“じゃがアリゴ”について言及し、カルビーの公式アカウントまでもが“じゃがアリゴ”を作ってみるという事態にまで発展しました。

じゃがりこを使ったアリゴ「#じゃがアリゴ」が人気ですね。実は、本物のアリゴも意外と簡単に作れます。チーズはブリーチーズを使っても大丈夫。下記のレシピで、トムフレッシュの代わりにブリー500gと卵黄2つを入れてください。ボナペティ @ore825 
レシピはこちら https://bit.ly/2sWlmDb

「じゃがアリゴ」が話題らしいと聞いて、早速じゃがりこの商品担当がやってみた
勢い余っていろんな味で試してみたが、後悔はしていない(全部おいしい)

“じゃがアリゴ”を『日清焼そばU.F.O.』に投入したら激ウマ!

このように大ブームとなっている“じゃがアリゴ”ですが、元来アリゴは肉料理の付け合せなどによく使われる脇役的な存在とのこと。それならば「こんなアレンジをしてみたらウマいんじゃないの?」ってことで用意したのがこちら。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy