ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲレンデを彩る冬の花火がロマンチック!大満足間違いなしの夫婦スノボ旅

ゲレンデを彩る冬の花火がロマンチック!大満足間違いなしの夫婦スノボ旅

僕:「スノボやったことないからやってみたい。けど寒いの苦手だから、実際やってみたら『寒いから、やっぱりもう帰りたい』ってなるかもしれない」
妻:「じゃあ、スノボ以外の楽しいことを、いっぱい詰め込んだ旅行にすればいいんじゃない?」
僕:「たとえば?」
妻:「美味しいご飯を食べまくるとか、打上げ花火を眺めるとか」
僕:「なにそれ楽しそう」

ということで、今回は夫婦で「スノボ以外の楽しみどころ」もたくさんある苗場スキー場へ、1泊2日の旅に出かけてきました。

【行程】
上越新幹線で越後湯沢へ
スノーボード1日目@苗場スキー場
レストラン「ボーセジュール」で大人ディナー
苗場の冬。ゲレンデ打上げ花火!
部屋からゲレンデを一望!
NAEBA1961.comの朝食でスタート!
スノーボード2日目@苗場スキー場
ウィスラーカフェ苗場のランチで旅の締め

上越新幹線で越後湯沢へ

そんなわけで、JR東京駅から上越新幹線で約80分のJR越後湯沢駅へ。
焼漬鮭ほぐし弁当

越後の郷土料理「焼漬鮭ほぐし」を使ったお弁当

今回の行き先、越後産の駅弁を楽しみながら、気持ちを高めます。甘辛く味付けされた鮭はジューシーで上等なお肉のよう。

新幹線の車窓(新潟)

東京のビル群の景色を置き去りにして、1時間ちょっとで越後湯沢のノスタルジックなこの風景。

JR越後湯沢駅から苗場プリンスホテルまでは、宿泊者専用の無料バスで約40分。

苗場プリンスホテル

そんなこんなで今回の舞台、苗場スキー場が併設されている苗場プリンスホテルに到着しました。東京からだとトータルで2時間ぐらいと、意外と近い。新鮮な雪景色のおかげで移動も飽きることなく、あっという間に感じました。

スノーボード1日目@苗場スキー場

苗場スキー場のレンタルウェア

苗場スキー場のレンタルウェア。品ぞろえ豊富

それでは早速ゲレンデに繰り出しましょう。今回はウェアやボードなどの道具はすべてレンタルすることにしました。レンタルだと手ぶらで来られるので楽。

「とはいえ、レンタルのウェアって体操服みたいな変なデザインのしかないのでは……? 」と勝手に不安がっていたのですが、苗場スキー場では上の写真の通り、たくさんのおしゃれなウェアから好きなものを選ぶことができます。

筆者夫婦の後ろ姿

「せっかくだから普段着ない色を選んでみるか」とド派手な赤いウェアを選んだら、奥さんも同じ考えだったらしくて、まさかのペアルックになりました。前世でも一緒に滑っていたのかもしれない。
ブーツをセットしているところ

準備万端いざ出陣

2人並んでリフトに乗って山頂へ。以下、僕の華麗な滑りをご覧ください。

ゲレンデで倒れる筆者 ゲレンデで尻餅をつく筆者 ゲレンデで転ぶ筆者

「俺、初心者やけど昔スケボーやってたから絶対できると思う」という謎の自信のもとにとりあえずボードに乗ってみたところ、思いもよらぬほどのスピードが出て顔面から雪に突っ込んだり、メガネが曇って前が見えなくなってコースアウトしたり、何もない平らなところで大転倒したりして楽しかったです。
滑走中の筆者の奥さん

ちなみに奥さんは経験者なので普通に滑れる

このあと100回以上転んで雪まみれになりながら「雪半端ないって! 苗場スキー場半端ないって! 滑りかた全然わからんけど楽しいもん! そんなんできひんやん普通! 滑りかた教えてください!」
と勢い任せで奥さんに弟子入りして、木の葉滑り(初心者が最初に覚えるやつ)を習得しました。

1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき