ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

列車でぬくぬく~♪冬の風物詩「こたつ列車」で、のんびり青森旅

列車でぬくぬく~♪冬の風物詩「こたつ列車」で、のんびり青森旅

こんにちは。旅をしながらかわいいものを集めたり、書いたり撮ったりしている旅人、古性(こしょう)のちです。寒いのが死ぬほど苦手なので、冬は大体あたたかい南国に避難しています。だけれど冬は嫌いじゃないんです。だって寒い冬にしか味わうことのできない贅沢ってたくさんあるから……!

そんな「寒いのは苦手だけど冬は好き」なわがまま代表として、今回は青森にて「ぬくぬくのこたつ列車に乗り雪景色を楽しみ、ぽかぽかリゾートで温泉に入る」というめちゃくちゃ贅沢なコースを回ってきました。

【行程】
最高の宿を目指し、はやぶさで青森へ
八戸駅の圧倒的冬感。「青い森鉄道」
憧れの「星野リゾート 青森屋」に到着!
「青森屋」施設内の公園をゆるり散策
「八幡馬ラウンジ」で、ゆったり時間
池に浮かぶ極上の露天風呂「浮湯」
夜はヨッテマレ酒場とじゃわめぐショー
ライトアップされた「ねぶた雪灯り」
青森屋のバイキング朝食には、せんべい汁も
馬車を降りて、向かうは三陸鉄道「こたつ列車」
いざ出発! 久慈・宮古まで、こたつ列車旅!
「なもみ」が突然現れる車内イベントも
「あまちゃん」ファンにうれしいロケ地が続々と

最高の宿を目指し、はやぶさで青森へ

東北新幹線 はやぶさ

まずは、はやぶさに乗り込み、JR東京駅から青森のJR八戸駅へ。片道は3時間ほど。この緑×ピンクのカラーリングがかわいすぎる。
はやぶさ 海鮮丼

朝6時半の新幹線。眠い目をこすりながら頬張る海鮮丼

八戸駅の圧倒的冬感。「青い森鉄道」

駅弁を食べたりウトウトしたりしているうちに、あっという間に八戸駅に到着。ふと窓の外を見ると、屋根に白い雪が積もってる……!
雪だるま

電車の待ち時間にせっせとつくった雪だるま

駅前に降り立つと、そこは本当に圧倒的……雪景色……!!!
何を思ったのか、スネを思いっきり出すスタイルで取材に来てしまったわたし。でも銀世界ってテンションあがる。
青い森鉄道

「青い森鉄道」って名前がめちゃくちゃかわいい

八戸駅からさらに「青い森鉄道」に乗り継ぎ、約15分の三沢駅で下車。向かうは本日の宿泊先の「星野リゾート 青森屋」さん。憧れの星野リゾートに行けるなんてうれしすぎる。

憧れの「星野リゾート 青森屋」に到着!

星野リゾート 青森屋

来ました! 青森屋! 広々立派な外観に……

贅沢なフリースペースの数々(フリードリンクが楽しめるフリースペースは1箇所)。

館内はほどよく暖かく、冷えた体がぽわーんと緩んでいきます。

星野リゾート 青森屋 館内

そしてこちらがお部屋。めっっちゃ広い……。
星野リゾート 青森屋 部屋

写真提供:星野リゾート 青森屋

星野リゾート 青森屋

館内はとにかく広いため、わたしのように早めにチェックインを済ませて、館内をゆっくり楽しむ人が多いそうです。

「青森屋」施設内の公園をゆるり散策

荷物を置いて、早速公園を散策してみることに。

公園は一周40分ほど。公園奥の楓林橋(ふうりんばし)へ向かいます。

星野リゾート 青森屋 公園

ここからは、公園内の真ん中にぽっかり穴のように開いた池を眺めることができます。あまりの寒さに、水が凍っている……!

カエデの落ち葉を透かすと、氷の光がキラキラ。フォトジェニックな写真がたくさん撮れるので、写真好きにはたまらないスポット。

星野リゾート 青森屋 公園
1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。