ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「ポケベル」「バブル」「おもてなし」――フチ子と振り返る平成時代 『ジョージア』で当たる『平成のフチ子』が楽しい

缶コーヒーの『ジョージア』を対象の自動販売機で購入すると、オリジナルデザインのフチ子が当たるキャンペーンが1月21日からスタート。全7種類の『平成のフチ子』を入手できたのでご紹介します。

奇譚クラブの人気フィギュアシリーズ『コップのフチ子』を、平成の出来事や流行をテーマにアレンジ。『ジョージア』の缶のフチに乗せて遊べるオリジナルフィギュアです。

自販機からラッキーキャップ付きの缶が出てきたら当たり。

キャップの中にフィギュアが入っています。

フィギュアは全7種類。合計75万人にプレゼントされます。

『年号のフチ子 ~平成元年~』は、当時官房長官だった故・小渕恵三元首相が「平成」の元号を発表した模様を再現するフチ子。

『ケータイのフチ子 ~平成元年頃~』は、真っ赤なスーツに身を包み、でっかい携帯電話を持ったフチ子。

『バブルのフチ子 ~平成3年頃~』は、当時“ジュリ扇”と呼ばれた扇子を手に、派手なボディコン衣装をまとったフチ子。

『コギャルのフチ子 ~平成6年頃~』は、ガングロ茶髪、ルーズソックスというコギャルファッションをキメたフチ子。

『ポケベルのフチ子 ~平成8年頃~』は、“ポケベル”を持って座るフチ子。文字盤の「045105110」は、「お仕事ファイト」と読むそうですよ。

『がんばってコートのフチ子 ~平成8年~』は、飯島直子さんがCMキャラクターを務めていた当時の『ジョージア』キャンペーンで、なんと4400万口の応募があったという“がんばってコート”を羽織ったフチ子。

『おもてなしのフチ子 ~平成25年頃~』は、2013年9月7日にブエノスアイレスで開催されたIOC総会での東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会のプレゼンテーションとして滝川クリステルさんが披露した「お・も・て・な・し」のスピーチを再現するフチ子。

7種類すべて集めてフチに置いてみると、その時その時の思い出がよみがえってきて、頭の中は個人的“平成プレイバック”状態に。休憩時間に『ジョージア』片手に、しばし思い出に浸ってみるのが“平成最後の冬”の過ごし方としてオススメです。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき