ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

下仁田ねぎ、こんにゃく…ツレヅレハナコ絶賛!群馬グルメの魅力に迫る

下仁田ねぎ、こんにゃく…ツレヅレハナコ絶賛!群馬グルメの魅力に迫る

食と酒と旅を愛する編集者・ツレヅレハナコさんの連載第4回は、群馬県の高崎&下仁田! この時期においしくなる下仁田ねぎや群馬名産のこんにゃく、ソウルフード的おやつまで、おなかいっぱい食べ歩きます。「とにかく、だるまさんのイメージばかり強い群馬だけれど、地元ならではの美味にたくさん出会えそう! 」。上越新幹線にぶいっと乗れば、「おいしい群馬」はすぐそこに!

【行程】
冬なら外せない! 下仁田ねぎを洋食で
国内シェアNo.1! こんにゃく製品がズラリ
下仁田では豚肉が常識? 老舗食堂で「すき焼き御膳」
サクサクとろ~り。分厚い下仁田ねぎのかき揚げ!
群馬っ子のソウルフード「焼きまんじゅう」
納豆、こんにゃく……駅ナカで、お土産調達

冬なら外せない! 下仁田ねぎを洋食で

上信電鉄上信線

高崎駅から下仁田駅までを結びます!

JR東京駅からJR高崎駅へは、上越新幹線で1時間ほど。そこから上信電鉄上信線に乗り換え、下仁田駅へ向かいます。「いかにもローカル線! 」という雰囲気の上信線は、車両も小さくてかわいいな~。終点の下仁田駅まで1時間ほどかけて、車窓を眺めながらのんびりトコトコ旅をするのも良いものです。
下仁田駅

小さな駅舎がなごむわ~!

下仁田駅に到着! 
日昇軒の看板

ローマ字表記なのがハイカラ!

まずはランチに向かったのが、レストラン「日昇軒」。駅から徒歩5分ほどの場所にある洋食屋さんで、なんと初代シェフは横浜の老舗「ホテルニューグランド」で腕を振るっていたとか。それは期待できそう~。

日昇軒の店内 開店と同時に地元のお客さんが続々と訪れる店内 日昇軒のメニュー

2番と3番も気になるわ~。

お客さんが皆、慣れた様子で「1番」「3番」などとオーダーをしているような。なんだろうと思ったら、おすすめメニューに番号が振ってある! 下仁田ねぎ目当てで来ている私は、もちろん1番の「若どりのソテー下仁田葱ソース」に即決。メニューには書いていないけれど「下仁田葱のフライ」も提供できるそう。わー、それ食べたい!
下仁田葱のフライ

洋食屋さんならではのサクサク衣!

おつまみサイズだそうなので、迷わず白ワインもグラスで注文。待つこと数分、揚げたてサクサクのフライが登場~。ひとくち食べれば、ねぎがとろっと甘い! レモンを搾って、ソースをかけていただきます。シンプルなのに、旬の食材は最強だなあ……。
若とりのソテー 下仁田ねぎソース

ねぎ好きにはたまらん、この季節だけのソース!

そして来ました! 「若どりのソテー 下仁田葱ソース」。カリッと焼かれた皮目の上に、炒めた下仁田ねぎのソースがたっぷり。おしょうゆベースなので、白いごはんによく合うわあ。見逃せないのは、付け合わせの繊細さ……。ただのキャベツの千切りではなく、にんじんやかいわれ、紫キャベツ、トマト、ポテトサラダ、スパゲティーソテーもついているのがホテル仕込み! あまりのクオリティーに、「きっとほかの洋食メニューもおいしいんだろうなあ」と妄想し、ハンバーグや蟹クリームコロッケも食べてみたいと思いつつ店を後にしたのでした。

国内シェアNo.1! こんにゃく製品がズラリ

下仁田こんにゃく観光センター
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy