ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【青森】スルメを焼きながら乗車!?ノスタルジックなストーブ列車の旅へ

【青森】スルメを焼きながら乗車!?ノスタルジックなストーブ列車の旅へ

こんにちは。ひとり旅が大好きな、写真家の大村祐里子と申します。冬なので、カメラを持って雪景色を見に行きたい! ……ということで、今回はゆっくりと冬模様を楽しめそうな青森へ、列車旅をしてきました!

【行程】
雪景色を求めて! 津軽五所川原駅へ
旅情あふれるノスタルジックなストーブ列車
レトロでかわいい! 赤い屋根の喫茶店「駅舎」
太宰治を知る上で欠かせない「斜陽館」
圧巻! 高さ約23メートルの立佞武多

雪景色を求めて! 津軽五所川原駅へ

8時40分、JR東京駅発の東北新幹線に乗車し、約3時間かけてJR新青森駅へ。同駅で奥羽本線に乗り換え、30分ほどでJR川部駅へ。さらにそこから五能線に乗り換え、約30分でJR五所川原駅へ。

五所川原駅の改札をいったん外に出ると、真横に津軽鉄道の津軽五所川原駅があります。本日はここから、旅のメインとなる「ストーブ列車」に乗ります!
津軽五所川原駅

津軽五所川原駅。こぢんまりしていて、かわいらしい外観

津軽五所川原駅から津軽中里駅まで約20kmを運行している津軽鉄道というローカル線があり、これから乗車するストーブ列車は、毎年12月1日から3月31日の冬期、1日3往復のみ運行する車両のこと(12月中は運行日ご注意ください)。1930年12月に運行を開始し、客車に設置された「だるまストーブ」で暖をとりながら、車窓の雪景色を眺めることができるノスタルジックな列車です。

ストーブ列車に乗るためには、駅舎の中にある小さな切符売り場で、目的地までの乗車券とストーブ列車券の2枚を購入する必要があります。私は始点の津軽五所川原駅から終点の津軽中里駅までを往復しようと思ったので、往復用の乗車券を買いました。

ストーブ列車の切符売り場 手作り感のある張り紙が所狭しと貼られている切符売り場 ストーブ列車の切符

旅の記念にとっておきたくなるデザインの切符

旅情あふれるノスタルジックなストーブ列車

発車時刻が近づきホームへ降りると、そこには、昭和初期にタイムスリップしてしまったのではないかと勘違いするほどレトロ感あふれる車両が! これがストーブ列車です。今からどんな世界へ運ばれるのだろうと、ワクワクが止まりません。ストーブ列車案内板横の乗車口から車内へ。

ストーブ列車 この日のストーブ列車は2輌編成。先頭車両(ストーブ列車券の必要のない車両)が、ストーブの設置された車両を牽引する仕組み。編成は日によって変わるそうです ストーブ列車の車内

ストーブ列車の車内。昭和23年製の車両だそう

ストーブ列車の車内は、座席や窓枠や床、ほとんどが木で作られていて、ぬくもりが感じられます。列車名にも採用されているストーブは、車両の両サイドに2基設置されています。平日だったのでお客様は5〜6組程度でしたが、ストーブ周りの座席がやはり人気。私も乗車してすぐにストーブの前の席を確保!

ストーブ列車のだるまストーブ 写真を撮りたい欲をかき立てられるだるまストーブ。横には石炭の入ったバケツが だるまストーブに石炭をくべる車掌さん

時々、車掌さんが、だるまストーブに石炭をくべます。オレンジ色の光が美しい

発車すると、すぐに車内販売のワゴンが登場。オススメされるがまま、真っ黒な石炭クッキーと、スルメを購入。

「車内が寒いのではないだろうか」と心配だったのですが、だるまストーブのおかげで、雪の中を走行しているのをすっかり忘れるくらいポカポカしており、ストーブの前は顔が火照るくらい暖かかったです。
車内販売

1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy