ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』日本アカデミー賞受賞&追加応援上映も決定! 興行収入は36億円突破

昨年12月14日(金)より全国467スクリーン(通常版:360sc/IMAX版:31sc/MX4D版:20sc/4DX版:56sc)にて公開された、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』(監督:長峯達也)が、第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞しました!

本日1月15日に、日本アカデミー賞協会より第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞の受賞が発表。そして、本作は1月14日までの累計で282万3,215人を動員し、興行収入は36億円を突破。

さらに、全国の劇場にて応援上映の追加開催も決定しました!

1月10日(木)に北海道、東京、愛知、大阪、福岡の5大都市で『ドラゴンボール』劇場版シリーズ初となる応援上映会“カカロット!ベジータ!ブロリー!限界突破応援上映”を開催。悟空役の声優、野沢雅子さんも初の応援上映を楽しみました。

会場では、悟空やベジータのコスプレをしたり、サイリウムや自作の応援グッズを持参した多くのファンが、思い思いにキャラクターの名前を叫び、バトルシーンで流れる歌に合わせて「GO!ブロリー!GO!GO!」という大合唱、さらに悟空たちが必殺技を放つシーンでは「かめはめ波!」「フュージョン!ハッ!!」という声が響き、まさに観客も悟空たちに負けじと“限界突破”するかような熱気に包まれました。

そしてこの上映会の好評、及び全国より多数の希望の声を受けて、1月19日(土)、1月20日(日)に全国の映画館にて、応援上映の追加開催が決定。実施劇場・日程は映画公式HPにて公表、各映画館でのスケジュール及びチケット購入に関しては、各劇場HPにて発表されます。

野沢さんは本作の初回の応援上映の際に、「“東映”のロゴマークが出た瞬間から「ドラゴンボール!!!」と叫んで盛り上がってくださいね! そして悟空やブロリーと一緒に、自分の叫びたいところで叫んでください!」とアドバイスしています。

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』
32日間累計(12/14~1/14累計)
動員:2,823,215人 興行収入:3,638,122,200円


動画:最強のサイヤ人登場!?映画『ドラゴンボール超 ブロリー』予告
https://youtu.be/Jb5u6CmycKE[YouTube]

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき