ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本初!ARシューティングアプリ「ペチャバト」が新感覚だと話題

シューティングアプリ「ペチャバト」は日本発のAR技術を活用したシューティーングゲームアプリ。新感覚のゲームを楽しめるとSNSでも話題のようだ。

・インクが弾けるシューティングゲーム

現実世界と仮想世界を融合させることが魅力の一つでもあるAR技術。ARゲームアプリと聞いて多くの人が思い浮かべるのは「ポケモンGO」だろう。実際のところ、AR技術を取り入れたゲームは「ポケモンGO」の登場以来年々増加しているようだ。

今回リリースされた「ペチャバト」もAR技術を取り入れたスマホゲームで、カメラを通して見た相手のスマホを「的」にし、タップ操作で打ち抜くというスタイルの対戦型のゲーム。

最大4人で遊ぶことも可能。スマホをタップをすることで、雪合戦やドッチボールのように弾を相手に向かって投げ合うことができ、弾が相手に当たると得点となる。弾に当たるとインクが弾けたようなインタラクションも楽しめる。

・LINEやURL、QRコードで招待可能で広がるプレイの輪

対戦相手はLINEやURL、QRコードで招待可能。対応機種はiOS 11以上を搭載するiPhone 6s以降のモデルが対象だ。現在は、iPhone6S / iOS11.0以上のみでの利用に限定されているが、多くの人が利用できるよう現在開発を進めているとのこと。

スマホゲームではありながらも同時に体も使って楽しめるので、運動不足の解消にも良いかもしれない。友達同士だけでなく家族みんなでも楽しむことができるARゲームではないだろうか。

ペチャバト

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy