ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

えっ、これティルダ・スウィントン? リメイク版『サスペリア』で驚異の1人3役 最後の1役は……[ホラー通信]

『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が手掛けるリメイク版『サスペリア』において、ティルダ・スウィントンが1人3役をこなしているとの情報が解禁となりました。

本作は1977年のベルリンを舞台に、世界的な舞踊団“マルコス・ダンス・カンパニー”で起こる不可解な出来事と失踪事件を描いた物語。

ティルダ・スウィントンが演じるのは、ダンス・カンパニーを牽引し、カリスマと崇められる指導者マダム・ブラン。そして、クロエ・グレース・モレッツ演じるダンサー・パトリシアの失踪事件を追う心理療法士クレンペラー博士。かなり年配の男性役です。写真ではなかなかティルダだと分からないかもしれませんが、演技を見るとその面影を感じていただけるかと。

年齢も性別も超えて先の2役を演じたティルダですが、最後の1役はそれ以上に衝撃的なものになっています。一体何を演じたのかは、決してここでは言えません……。ぜひ映画本編でご確認くださいませ。

ティルダ・スウィントンとルカ・グァダニーノ監督のタッグは本作で4度目。監督は、「ティルダはいとも容易く、いつだって最高の演技をする。彼女には、言葉で言い表せられないほどいつも感動してきた」とその才能を絶賛しています。

『サスぺリア』

2019年1月25日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

監督:ルカ・グァダニーノ『君の名前で僕を呼んで』
音楽:トム・ヨーク(レディオヘッド)
出演:ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、ミア・ゴス、ルッツ・エバースドルフ、ジェシカ・ハーパー、クロエ・グレース・モレッツ

公式サイト:https://gaga.ne.jp/suspiria/

(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved

ホラー・スリラー・カルト映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – https://horror2.jp

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy