ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

体を「冷え体質」にしてしまうNG習慣とは?

体を「冷え体質」にしてしまうNG習慣とは?

本格的な冬が到来し、寒さが身にしみるこの頃。

厚着やマフラー、カイロなどで防寒対策をしていても、常に「冷え」を感じている人は多いのではないでしょうか。

体が冷えてしまうのは、寒さだけが原因ではありません。じつは、ふだん何気なく行っている生活習慣が、体を「冷えやすい体質」にしているかもしれないのです。

『女性のための骨盤とおなか「温活」術』(わかさ出版刊)では、自然療法が専門の石原結實さんをはじめとした専門家たちが、体が冷えるNG習慣やセルフケア方法を紹介。ここでは、冷え体質になりやすいNG生活習慣をピックアップしましょう。

■南国の果物や葉物野菜は体を冷やす?

まずは体を冷やす食生活。もちろん冷たい飲み物や食べ物は体を冷やしますが、それ以外にも、体を冷やす性質をもつといわれる食品があるそうです。例えば、果物や野菜については以下のものがあげられています。

果物:ミカンやマンゴーなど、南方産の果物

野菜:レタスやセロリなどの葉物野菜

反対に、体を温める性質をもつ果物や野菜もあります。果物であればリンゴやプルーンなどの北方産のもの。また、野菜であればゴボウやニンジン、ショウガ、イモなどの根菜には、体を温める働きがあるといいます。

また、軟らかい食べ物ばかり食べるのも、冷え体質につながりやすいと本書。かむ行為は一種の運動なので、よくかめばかむほど体は温まりやすくなります。なるべく硬いものも食べるように心がけ、意識してよくかむようにしましょう。

■運動不足も冷えの原因に

また、運動不足も冷えを助長します。運動不足だと、発熱器官である筋肉があまり使われないからです。

とはいえ、激しい運動をする必要はありません。例えば、ウォーキングを毎日10分程度行うだけでも体はポカポカと温まります。さらに、筋肉は体の中でも太ももに特に多いので、太ももを使うスクワット運動は、冷えの解消に最適なのだとか。

寒い冬は体を動かすのがおっくうになる人も多いでしょう。しかし、体の血流を促すために、適度な運動を心がけてみてはいかがでしょう。

■シャワーですませず湯船に浸かろう

最後に、入浴習慣です。湯船に浸からず、シャワーだけで入浴をすませると、体は冷えやすくなります。シャワーだけだと体の表面しか温められないので、すぐに湯冷めしてしまうのです。

冬の寒さからくる冷えは、きちんと湯船に浸かって解消しましょう。

ここであげたようなNG習慣を避けるだけでも、冷え体質の改善が期待できるといいます。さらに、『女性のための骨盤とおなか「温活」術』では、体を温める簡単なセルフケアや食事法などを多数紹介しています。

「冷えは万病のもと」ともいわれるくらい、冷えはさまざまなトラブルや症状を引き起こすおそれがあります。体の血流を促す生活習慣をとりいれて、寒い冬でもポカポカな体をめざしてみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

「集中力が続かない」「能率が上がらない」生産性の低い人に共通する仕事の習慣

ひそかな“国民病”? 痔を悪化させる7つの要因

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき